東証システム障害で常務が謝罪

印刷

   東京証券取引所のシステム障害でアルプス電気株と名古屋鉄道株の売買が一時停止された問題で、鈴木義伯常務が2008年3月10日記者会見を開いて陳謝した。その上で、「インフラであるシステムについて責任を果たせるよう、信頼性を上げていく」と話した。一度に大量の注文が殺到し、処理が停止したことがシステム障害の原因とみられている。通常では、注文が再試行されて停止状態は解除されるが、今回はその処理ができなかった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中