日清食品の「うどん」「そば」宇宙食が宇宙に出発

印刷
日清食品が開発した宇宙食
日清食品が開発した宇宙食

   日清食品は2008年3月11日、同社が開発した宇宙食が、打ち上げに成功したスペースシャトル「エンデバー」に搭載された、と発表した。搭載されたのは、「うどん」「そば」「焼き鳥」「いなり寿司」「生姜いなり寿司」「お好み焼き」など9品目。土井隆雄宇宙飛行士のリクエストを受けて、同社と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同開発した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中