選手やスポンサー企業 北京五輪参加自粛の可能性

印刷

   チベット自治区で起きた大規模な騒乱で、中国政府の対応に国際的な非難が高まっている。騒乱の現場からはジャーナリストが締め出されており詳細は不明だが、衛星写真から500人以上が死亡したという情報や、ラサの市民が中国治安当局に拉致されたというなど様々な情報、憶測が飛んでいる。北京五輪を控え、選手やスポンサー企業が大会への参加を自粛する可能性もある。

スター選手が五輪不参加を考えている?

チベット騒乱で北京五輪の選手がボイコットの可能性も
チベット騒乱で北京五輪の選手がボイコットの可能性も

   チベット自治区の区都ラサで、中国政府のチベット政策に抗議する僧侶らの大規模デモが続き、治安当局と衝突して死傷者が多数出た。2008年3月15日の国営通信・新華社は、暴動のなかでの放火で10人が死亡したと報じている。

   中国当局は、チベット仏教最高指導者でインドに亡命中のダライ・ラマ14世がこの騒動に関与していると非難したが、一方のダライ・ラマ14世は3月16日に「文化的な虐殺」と中国政府を批判。ダライ・ラマ14世の亡命政府は、80人の遺体が確認されたとしている。

   中国政府は、外国メディアがチベットから自由に報道することを禁じており、騒乱の詳細は不明だが、印メディアのインディアデイリーは、衛星写真から、500人以上のチベット人が死亡し、少なくとも1万人が負傷したと報じており、さらに、チベット人権民主センターは3月16日に、何百ものチベット人が3月15日から治安当局に逮捕されていると発表している。

   ラサでの騒乱は混迷を深めているが、北京五輪への影響は避けられない状況になりつつある。

   ドイツのIOC副会長トーマス・バッハ氏は、独紙ビルト・アム・ソンタグに対して、スター選手の何人かが大会をキャンセルすることを考えている、と明かした。

リチャード・ギアがボイコット呼びかける

   また、チベット支援活動で知られる俳優リチャード・ギアさんはラジオやテレビ番組で、中国政府が誤った対応を取る場合は北京五輪をボイコットすべきだと呼びかかけている。最近では世界的歌手ビョークさんも上海で行われたコンサートで「チベット独立」を叫んでおり、今後もボイコット支持への動きが勢いづく可能性がある。

   すでに欧米では、スーダンでのダルフール虐殺をめぐって中国政府の対応への批判が強まっていて、最近も世界的な映画監督・スティーブン・スピルバーグ監督が五輪の芸術顧問を辞退したばかり。

   さらに、2008年3月17日のウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は、北京五輪のスポンサー企業のあいだでも、1500万~100万ドルの投資を受けているチベット・エベレスト山脈を通過する聖火リレーの実現可能性について懸念が広まり始めたと報じており、選手やスポンサー企業が大会への参加を自粛する可能性もある。

   IOCは、ボイコットに反対するとの意見を表明しているものの、動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)では北京五輪に反対する動画が次々にアップされており、89年に起きた天安門事件なみの人権侵害だとする意見が欧米を中心に根強いことがわかる。

   北京駐在産経新聞の福島香織記者は記者ブログの中で、「チベット暴動の悪夢再び!五輪どころじゃねぇ!」と題し、

「これは中国当局の大失態です。こんな体たらくで、本当に五輪を開催するつもりなのでしょうか。デモくらいやらせてあげればいいのです」

と中国政府を批判している。

   80年のモスクワ、84年のロサンゼルスの両五輪と同じようにボイコットにつながる危険性もないわけではない。J-CASTニュースは日本オリンピック委員会(JOC)にコメントを求めたが、チベットでの騒乱の影響などについてコメントすることはないとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中