番組収録中に「授乳タイム」 「政井マヤ」子供同伴の事情

印刷

   フジテレビ元アナウンサー政井マヤさんが、出産後初めて、テレビ番組の司会を務めた。放送は2008年3月15日。収録当日は生後5か月の娘を連れてきていて、番組途中で「授乳タイム」が取られるというちょっと変わった演出があった。そのいきさつが政井さんのブログに綴られている。

「番組中に、グルッと動いて逆子が直ってました」

ブログでは「授乳タイムをとらないといけない理由」が綴られている
ブログでは「授乳タイムをとらないといけない理由」が綴られている

   政井さんが出産後初めてテレビ出演したのは、フジテレビ系「世界おもしろ珍メダル第5回バカデミービデオ大賞」。フジテレビアナウンサー時代からこの番組のメイン司会を務めていたため、育児中にもかかわらず、出演依頼が来たということだ。

   番組の冒頭で、もう一人の司会者の今田耕司さんが「出産ごくろう様でした」と政井さんをねぎらった。前回出演した07年9月4日は、政井さんは臨月。その時お腹の中にいた子供が生まれ、同伴で収録現場にやってきた、というわけだ。同伴の理由は、政井さんの子供は哺乳瓶がダメで、母乳でないと受け付けないからなのだそうだ。政井さんは前回出演した臨月のとき、子供が逆子状態だったとし、

「それが、番組中に、グルッと動いて逆子が直ってました。ありがとうございました」

とビックリ発言をした。

   そして番組が中盤にさしかかると、

「ここで政井ママ、授乳タイム」

となり、収録が中止され、出演者達は休憩に入った。司会者が、「授乳」のためにスタジオを出て行く姿が放送されるのは珍しい。

授乳タイムをとらないといけない理由

   番組出演などままならない状態なのに、出演を引き受けたいきさつを、政井さんは自身のブログ「マサイマヤ族母になる」の08年3月4日付に綴っている。そこには、出産を経ても、同じように仕事を任せてもらえるのは本当にありがたいことだと、書いている。しかし、

「そう、わがベビちゃんは断固、哺乳瓶拒否ベビー。2時間以上は預けられないのです」

という大きな問題があったそうだ。出演を悩んでいると、プロデューサーが、

「控え室に(子供を)連れてきていいし、なんなら授乳タイムをとってもいい」

と言ってくれた。それで出演をする決心がついたのだという。5時間におよぶ収録。「授乳休憩」も、通常の休憩より少し長く時間を取ることができて、無事に終了。子供はスタイリストがベビーシッターになってくれて、頑張ってもらえたため、10分ほど泣いただけで終始ご機嫌だったそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中