新銀行東京、「無担保無保証」の融資残高を削減へ

印刷

   新銀行東京は2008年4月以降、同行の主力融資商品である「ポートフォリオ」の残高を減らしていく方針だ。この商品は、無担保・第三者保証不要で最長3年、最高2000万円まで融資するが、財務データをもとに「不良」率を算出するスコアリングモデルによる審査方法を採用している。この審査方法が不良債権拡大の原因となったこともあり、継続がむずかしいと判断した。新銀行東京は、「今後はスコアリングモデルに頼らない、通常の、一般的な審査による融資していく方法に切り替えていく」としている。
   ただ、中小企業が融資を受ける際に担保や信用保証協会の保証が必要になると、新銀行東京の「売り」がなくなるので、既存の銀行との「差別化」もむずかしくなる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中