新銀行東京の追加出資に都議の40%が反対 読売新聞調べ

印刷

   多額の累積赤字を抱えている新銀行東京への400億円の追加出資について、都議会議員の40%が反対の立場であることが、読売新聞のアンケート調査でわかった。
   2008年3月21日付の同紙によれば、125人の都議全員を対象に3月13~20日に行ったアンケートで計102人が回答。民主党など野党を中心に50人が「反対」とし、与党自民党の「賛成」38人を上回った。ただし、全体で14人が態度を保留し、与党公明党の22人は回答しなかった。追加出資案の採決は、3月28日の本会議で行われる。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中