ヤフオクで「ヤクザ」名刺1万7千円 出品者は「取引き停止」に

印刷

   ヤフーオークションに「ヤクザの名刺」を出品していた人の取引ページが、2008年3月17日ごろに突然「停止」になり、ネット上でちょっとした騒ぎになっている。「売り主の身元がバレたら相当面倒な事になるのでは」などというカキコミもネット上に出ていたからだ。

「三代目○○一家 ○○組 若頭」など6種類

落札者からの評価は意外に良い
落札者からの評価は意外に良い

   この出品者のヤフオクのページには、売買履歴が残っていて、それを見るとヤクザ関連のものがほとんど。DVDや、雑誌、書籍など約50品が並んでいる。その中に、問題の名刺が6種類あって、現物の写真は出していないが、「三代目○○一家 ○○組 若頭」「○○会常任理事○○一家渉外委員 ○○組 組長代行」「○○組若頭代行 現在 二代目○○組若頭」などと説明が書かれている(注:○○は実名)。

   出品した名刺の説明の中には、

「裏面に御本人の電話番号がボールぺンで記入されていますのでご了承ください」

という但し書きや、「組」の歴代総長を紹介しているものまである。オークションは半日で打ち切るなど、早めに「店仕舞い」しているのが特徴で、1枚1万7000円と高値で取り引きされているものもある。

   出品者に対する質問コーナーでは、

「○○会系の名刺はありませんか?」に対しては、
「あります。今出品しています」
「○○組の名前は入っていますか?」には、
「○○組の名前入ってます。○○組の代紋も入ってます」

などと答えている。出品者の購入者からの評価は意外と高い。

売主の身元がバレたら大変なことに?

   ネット上では、なぜこのような名刺の需要があるのか、という議論も起きていて、

「これは冗談抜きで、不動産屋とか、その手の方なら、相当役に立つと思いますよ」

という推測が出ていたりする。また、売主の身元がバレたら大変なことになるのではないか、という心配も出ている。この出品者の取り引きが08年3月17日ころに「停止」になったことがわかり、

「停止中になっているけど大丈夫!?」
「足がついてやばい状況になってなきゃいいけど・・・・」
などと出品者を心配するカキコミも出ている。

   J-CASTニュースがヤフーに取材すると、同社広報は、

「『停止中』という表示の場合は、当社側の判断で停止しています。停止は利用規約に違反した場合で、利用者側からの苦情、偽ブランド、詐欺など様々な理由が考えられます」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中