「つくばエクスプレス」沿線 乗客増え、地域発展の秘密

印刷

   「首都圏から離れた住宅地はなかなか発展しない」というのがこれまでの「常識」だった。そんな中で、「つくばエクスプレス」(TX)沿線は例外だ。住宅開発が進み、人の行き来も増えた。どうしてなのか、その秘密を探ってみた。

首都圏の私鉄電車で初の最高時速130キロを実現

08年春にはコースターをプレゼントするキャンペーンも行われる
08年春にはコースターをプレゼントするキャンペーンも行われる

   同路線は、2005年8月に開業し、東京・秋葉原と茨城県つくば市とを最速45分で結んでいる。沿線自治体としては茨城県守谷市、千葉県流山市、埼玉県八潮市などがあり、従来は鉄道でのアクセスが不便な地域だった。首都圏から守谷市に行くには、上野から常磐線で取手まで行き、そこから「関東鉄道」のディーゼルカーに乗り換える必要があった。つくば市に行くためには、東京駅からの高速バス利用が一般的だった。つくば市には筑波大学があるなど、研究学園都市として知られるが、研究関係者からもアクセスの不便さを訴える声が上がっていた。TXの開業で、これらの「鉄道過疎地帯」が一掃された形だ。

   TXを運営する「首都圏新都市鉄道」では、開業にあたって「あらゆる面で『最先端の鉄道』を目指した」と話す。例えば首都圏の私鉄通勤電車では初めて最高時速130キロを実現したほか、走行中も地下鉄部分を含め無線LANが利用できる。各駅には転落防止用の「ホームドア」を完備し、安全性を高めている。沿線に踏切がないこともあり、開業以来、人身事故は1件も起こっていない。同社では

「『速さ』と『安全性』がTXの売りです。加えて、お客様からは『遅れない』という評価もいただいております」

と胸を張る。

   実際、乗客数は順調な伸びを見せている。08年1月の1日平均乗客数は23万8500人で、06年度平均の19万5300人よりも2割多い。乗客数の当初目標は「開業5年後の2010年度に27万人」だが、達成はほぼ確実な情勢だ。好調の理由は、他路線からの定期券の切り替えをする住民が増えているほか、沿線の宅地開発が進んでいることがある。

   同社では「宅地整備支援もTXのミッション」と話しており、TX開業にあわせて、20地区3000ヘクタールで土地区画整理事業が行われ、沿線地区の開発が急ピッチで進められている。

開業3年で車両増強、本数も増やす計画

TXは秋葉原とつくばを最速45分で結ぶ
TXは秋葉原とつくばを最速45分で結ぶ

   例えば守谷駅周辺ではマンション開発が相次いでおり、戸建住宅も市内各地で建設されている。また守谷市以外でも住宅の建設が進んでいるほか、流山おおたかの森、柏の葉キャンパス、守谷の各駅前には大規模ショッピングセンターが開業。08年秋には、研究学園駅前にもオープンする。

   このように沿線地域の開発が進み乗客数の伸びも順調なことから、同社では、

「開業以来、駅の設備を改良したり、『早期地震警報システム』を導入するなどでサービス向上・安全の強化を図ってきました」

としながらも、今後についても

「08年秋には車両を4編成(24車両)増やして、運転本数を増やす予定です」

と話している。

   またそれ以外にも、夏休みには広告スペースに沿線の小学生が描いた絵を飾る「こども美術館列車」を運行したり、地域の観光イベントと連携するなどして地域とのつながりを深めていきたい考えだ。さらに、08年3月15日からTX全駅でIC乗車券「パスモ」を電子マネーとして使えるようになったことを記念し、3月25日からは、パスモで500円以上の買い物をした人先着6万人に、マスコットキャラクター「スピーフィ」をデザインしたコースターをプレゼントするキャンペーンも行われる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中