「AKB48」今度は生写真景品 購入煽るとネット上で批判

印刷

   アイドルユニット「AKB48」の商法がまたまた論議になっている。発売した写真集にランダムでメンバーの生写真5枚を付けるという景品商法が、必要以上の購入を煽るものとネット上などで批判されているのだ。ネットオークションで1万円の値をつけるサイン入り生写真も出ており、景品表示法に触れる可能性も浮上している。

写真集1万円分購入で握手会

「ヴィジュアルブック2008」の発売を告げるAKB48の公式ブログ
「ヴィジュアルブック2008」の発売を告げるAKB48の公式ブログ

   AKB48を巡っては、シングルCD景品ポスターを44枚そろえればイベント招待という企画が独占禁止法違反の疑いで中止になったり、フォトアルバムに景品として付けた2015年のチケットに景品表示法違反(有利誤認)の可能性が指摘されたりしていた。今回は、週刊TVガイドで知られる東京ニュース通信社から2008年3月18日に発売された写真集「ヴィジュアルブック2008」の販売方法について、ネットで批判の声が出ている。

   写真集は、4種類あり、いずれも2500円。特典として、1冊につき生写真が5枚付録に付いているが、メンバー53人の生写真が1冊ごとに4種類、4冊では全部で848種類がランダムに入っているという。しかも、各種類にはそれぞれ、メンバーのサイン入り生写真が5枚ずつ全部で4240枚含まれているとうたってある。とすると、メンバーの写真を完全にそろえるためには、単純計算では、少なくとも172冊43万円がかかることになる。

   特典はこれだけではない。活動拠点となっている秋葉原のAKB48劇場では、4種類1万円分の購入者を対象に、18日から24日まで一週間の握手会を開いていた。そこでも、握手会参加者には、写真集同封のものとは違う生写真24種類から2枚がランダムでプレゼントされるのだ。AKB48の公式ブログによると、劇場では、例えば19日は1時間半の販売予定が20分ほどで完売する人気だったという。

   公正取引委員会の消費者取引課によると、ランダムで出される景品は、偶然の要素があるため、景品表示法上、懸賞品に当たる。この場合、生写真に想定される市場価格が、写真集価格の20倍、景品全体では売り上げの2%を越えてはいけないが、市場価格が高ければ違法の可能性がある。

「違法性はない」と東京ニュース通信社

   そこで、ヤフーオークションで「AKB48 生写真」を検索してみると、3月24日夕の時点で、最も高いもので、渡辺麻友さんのサイン入り生写真が1万円の入札値が付いていた。このほか、多田愛佳さん、河西智美さんのサイン入りが5000円ほどの値だった。サイン入り以外は、100~3000円ぐらい。写真集価格の20倍の5万円に達するには、1万円の生写真が5枚そろわなければ難しいが、写真集が2500円であるため、景品全体で売り上げの2%を越える可能性は出てくる。景品表示法上、グレーとみなされる可能性がある生写真の特典なのだ。
   これに対し、東京ニュース通信社の担当編集部では、

「生写真は、販売価格として値を付けておらず、値段予測も不可能で、公正取引上は問題ないと考えています。ポスター44枚そろえるなどという売り方とは違って、同じ商品を多数購入させるものではなく、4冊すべて異なるものを制作しています。違法性はあるとは認識しておらず、正当に販売していると考えています」

と話している。

   消費者法に詳しい一橋大学の松本恒雄教授は、こう語る。

「子供向けのおまけで何が入っているか分からず、全部そろえるにはいっぱい商品を買わなければいけない、というよく似た商法があります。この場合、それだけでは法律違反にはなりませんが、商売の仕方としては、欲望を駆り立てるような売り方はよくないという言い方はできると思います。写真集の場合、ストレートに商品を売ればいいのであって、おまけを付けて買わせるのはどうかと思うからです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中