おバカキャラ・上地と松坂がマジで「ゴチバトル」

印刷

   "おバカキャラ"で人気急上昇中のタレント上地雄輔さんが2008年3月24日に更新したブログで、横浜高校時代の野球部の後輩、レッドソックス松坂大輔投手と食事にいったことを明かしている。

   集まった友人たちと「リアルなゴチバトル」をしたという。ゴチバトルとは日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナーで、食べる食事の値段を見ずにオーダーし、すべての食事の合計金額を予想していくというゲーム。なお、一番誤差のあった人は全員分おごらないといけない。

   この企画を提案したのは、友人で日テレアナウンサーの上重聡さん。いきなりの提案に上地さんは、「仕事でもねーのになんでこんな事しなきゃいけねんじゃいっ!!」と、内心では若干キレていたみたいだ。しかし、「周りを見渡すと、みんな目がマジ」

   結果は、「結局、世界一のピッチャーが払いました♪」。支払った金額については「値段はリアルで言えませんが、とにかく物凄い金額でした」とのことだ。

   なお、松坂投手は25日夜、東京ドームで行われる「アスレチックス-レッドソックス」の開幕戦で登板することが予定されている。上地さんも「松坂の開幕戦見に行きます☆」と意気込んでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中