「当たり屋疑惑」動画 ブログ、ミクシィで「炎上」

印刷

   吉野家でイタズラして巨大な牛丼を撮影した「テラ牛丼」動画や、マクドナルドの「ドライブスルー」で代金を払わずに強行突破する動画が問題化するなか、今度は「当たり屋疑惑」動画が相次いで話題になっている。ひとつはブログ、もうひとつはミクシィで公開されたもので、いずれも「当たられた」側を、「当てた」撮影者が罵倒する内容だ。

バックしてくる乗用車に撮影者が後方から激突?

「ニコニコ動画」では、撮影者を非難する声が殺到している
「ニコニコ動画」では、撮影者を非難する声が殺到している

   「疑惑」が問題化している一つめの舞台は、神奈川県川崎市在住の男性によるブログだ。このブログには動画が貼り込めるようになっている。

   07年6月29日の記事では、「ひき逃げ」と題して動画を掲載。バックしてくる乗用車に対して、撮影者が後方から激突しているように見える。ところが撮影者は運転席に駆け寄り、

「なーにやってんだよー。どこ見て運転してんだよー。」

などと恫喝。にもかかわらず、ブログの本文では、この乗用車のナンバープレートを掲載した上で、

「警察に相談しても何もしてくれない!」

などと主張している。

   この奇妙な主張が展開されているブログは、ネット上で存在が話題になった結果「炎上」したものとみられ、3月27日現在、すでに閉鎖されている。

   もうひとつの「疑惑」の舞台は、ミクシィのコミュニティーだ。イタリア製の高級大型バイクを扱うコミュニティーで、08年1月30日、こんな書き込みがあったのだ。

「みなさん▲▲(車種名)で立ちゴケ、コーナーでスリップ事故、車とぶつかった等々の写真動画UPしませんか。 自分は車載器にデジカメ動画写しながら走行中に事故に出会いました」

   この書き込みと一緒に公開された動画でも、「当たり屋疑惑」が浮上したのだ。動画はバイクに搭載されたカメラから撮影されたものとみられるが、いくつかのカーブを曲がった後に、交差点で軽トラックが道を横断しようとしていた。停止できる距離に見えたが、なぜか「おおっし!!」という声を出し、バイクを軽トラックに近づけ、バイクの車体を倒したのだ。バイクのブレーキ音は聞こえるが、特に衝突したような音は確認できない。

「どないしてくれんや、ホンマ!」と恫喝

   ところが、撮影者は軽トラックの男性ドライバーを

「どないしてくれんや、ホンマ!」

と恫喝。ドライバーが

「どうもすいません」

と力なく答えても、撮影者は

「いや、すいませんちゃうで!ほら、ぐっちゃぐっちゃなっとるがな、これ…。何急に出てきよんねん。確認ぐらいせんかい」

と、一方的にすごんだのだ。コミュニティーでは、撮影者のケガを心配する声があがり、撮影者は

「右手首捻挫です。土曜にMRIしにいかなければならないです」
「(バイクの修理代は)見積もりしてもらいました。約30万也。まっ保険会社が払うんですが…」

などと返信していた。

   コミュニティー内では、何故か「当たり屋」を疑う声は出なかったが、動画が「ユーチューブ」や「ニコニコ動画」に転載され、騒動が拡大。特にニコニコ動画では1900を超えるコメントがつき、

「普通にインネンつけてるだけか」
「おいおい、あきらかにバイクがわるいじゃん」

などと撮影者への非難が相次いだ。この騒動のせいなのか、ミクシィに動画を投稿した撮影者はミクシィを退会している。

   「当たり屋」とは、わざと交通事故を起こし、示談金をだまし取ることを「商売」としている人のこと。ただ、「動画」を公開した撮影者が接触した相手を恫喝しているのは間違いないが、実際に金品の要求にまで至ったかは不明だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中