「X JAPAN」hideの追悼イベント 「芝生が荒れる」と「FC東京」激怒

印刷

   「味の素スタジアム」をホームグラウンドにしているJリーグの「FC東京」が、同スタジアムに対し激怒している。試合の2日前に大規模なコンサートを受け入れたためで、「芝生が荒れて試合にならない」という理由のようだ。一方、スタジアム側にとって「コンサートはドル箱」で、両者の考え方は全く噛み合わない。

「どれだけ芝生が荒れると思っているんだ」

「芝生が成長する季節なので心配無用」と話す
「味スタ」は「芝生が成長する季節なので心配無用」と話す

   「FC東京」は2008年5月6日に「味スタ」で「名古屋グランパス」を迎え撃つことが決まっていたが、08年3月中旬、「味スタ」側から試合の2日前の3日、4日に人気バンド「X JAPAN」のギタリスト、hideさん(享年33)の追悼イベントが開かれることを聞かされた。このコンサートには「X JAPAN」メンバー以外にも「LUNA SEA」「Dir en grey」などビッグネームが20組も競演。2日間で延べ10万人の観客が集まるのだという。

   これに対し「FC東京」は、

「どれだけ芝生が荒れると思っているんだ。しかも2日前のコンサートじゃないか」

と激怒した。「FC東京」はJ-CASTニュースの取材に対し、これまでも「味スタ」でコンサートやイベントが行われていて、サッカーの試合に影響が出ないようにお互い上手く調整してきたが、今回だけは寝耳に水の「特別」な出来事だとし、

「(日程変更や試合会場の変更など)どのように対応するか現在検討中です」

と怒りが収まらない様子だった。

   一方の「味スタ」は、5月は芝生が成長する季節のため心配いらない、とし、

「中一日あれば芝生の修復は可能ですし、これまでもコンサート後に利用者から苦情が来たことはありません」

と自信を覗かせる。「コンサート開催を事後報告してきたのはけしからん」などの「FC東京」からの苦情については「よくわからない」とし、

「これからもコンサート、イベントなどにできる限りスタジアムを提供し、より多くの人に楽しんでいただく姿勢に変わりはありません」

とJ-CASTニュースの取材に語った。

「コンサートはドル箱で、年に何度もやりたいのが本音」

   ちなみに、hideさんの追悼イベントは、主催者側から開催の打診が来て会場は押さえているものの、正式な申し込みはまだなのだという。

   Jリーグチームのホームグラウンドでも、サッカーのみの開催では採算が取れない。しかし、サッカー以外に貸し出すと、グラウンドが荒れ、チームから反撥も出る。関西にあるスタジアムはJ-CASTニュースに、

「Jリーグだけでは全然赤字。トラックを陸上競技に貸し出しても、たかがしれています。だからコンサートはドル箱で、年に何度もやりたいというのがホンネです。ただ、芝生が荒れますから、芝生の生え変わり時期に年に1回のコンサートは死守したいのです」

という苦しいサイフ事情を解説する。

   「味スタ」は、「東京ヴェルディ」のホームグラウンドでもある。今回の騒動についてヴェルディの担当者は、新聞が伝えたこと以外の情報はない、としながら、

「味スタも法人ですから利益を考えるのは当然だと思います。私どもとしましては、そうした中で、少しでも良いピッチコンディションが願い、ということですね」

とだけ話した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中