石川さゆりも大はしゃぎ イチローテーマ曲は「天城越え」

印刷

   マリナーズのイチロー選手(34)が、2008年シーズンから打席に入る際のテーマ曲を、歌手・石川さゆりさんの代表曲「天城越え」にしていた。どうやら「いろんなものを越えたい」というイチロー選手の思いで実現したようなのだが、開幕戦ではノーヒット。しかし、次の試合では3連続安打をたたき出すなど、早くも「天城越え」のご利益か?

「いろんなものを越えたいんです」

   2008年4月1日(現地時間)のレンジャーズ戦に臨んだイチロー選手は、第1打席から3連続安打を放ち、5打数3安打1打点。チームは逆転負けしたものの、無安打に終わった開幕戦を「天城越え」する内容だった。

   大リーグの球場で演歌がテーマ曲として流されるのは異例だ。確かに87年にレコード大賞を受賞し、紅白歌合戦で度々歌われるなど、日本の歌謡曲のなかでは超メジャーではある。しかし、「天城越え」は男女の激しい恋愛をテーマにした曲のはず。なぜイチロー選手は「天城越え」をテーマ曲に採用したのか。

   08年4月1日のスポーツニッポンによれば、イチロー選手が07年大晦日の紅白歌合戦での石川さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」に感銘を受け、公演中の石川さんの楽屋を訪れて「いろんなものを越えたいんです」と「天城越え」の使用を申し出たのだという。

   石川さんは自身のホームページにある「さゆり日記」で、その時の様子を綴っている。08年1月19日の「さゆり日記」によれば、イチロー選手は自身でインターネットで石川さんの公演のチケットを購入。「昨年、大晦日の紅白歌合戦で『津軽海峡・冬景色』を聞いて、ステージを是非観たいと思って、おじゃましました」と述べたという。

サムライをイメージしながらテーマ曲を作成

   石川さんはイチロー選手の訪問が嬉しかったらしく、

「イチローさんはすごーく背が高くて、チャーミングで、素敵でしたよ。またお話する機会があれば嬉しいなぁ」
「アッ!!そう云えばイチローさんが生まれたのは、石川が『かくれんぼ』でデビューした年ですって?!どんだけぇ~~っ!(笑)」

といったはしゃぎっぷりだった。石川さんは08年3月5日~31日のあいだ、芸能生活35周年を記念した「石川さゆり特別公演」に臨んでいたが、4月1日の「さゆり日記」では、

「公演中に私もスタジオに入って、バッターボックスに向かうイチローさんをサムライにイメージしながら音楽を創り、プレゼントさせていただきました」

と公演中にもかかわらず、イチロー選手のテーマ曲の作成に取り組んでいたことを明かしている。オープン戦で不調、さらには開幕戦で無安打だったイチロー選手が輝きを取り戻したのも、石川さんと越えた「天城越え」だったのかもしれない。

   今シーズンのイチロー選手は、大リーグ新記録となる8年連続200安打が懸かっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中