三菱電機、ヤンキース新スタジアムの「オーロラビジョン」受注

印刷

   三菱電機は2008年4月2日、米大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースが09年4月に竣工予定の新スタジアム「ニュー・ヤンキー・スタジアム(The New Yankee Stadium)」に設置する大型映像表示装置「オーロラビジョン」を受注した、と発表した。

   現在のヤンキー・スタジアムには1983年から25年のあいだ同社の「オーロラビジョン」が採用されている。新スタジアムの「オーロラビジョン」スクリーンは、画面サイズ縦17.9m、横30.7m。画素ピッチ16mmの高精細LED(発光ダイオード)を採用し、大リーグスタジアムのスクリーンとしては、同画素ピッチタイプで初のフルハイビジョンになるという。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中