携行缶でガソリン買いだめ 品切れや暫定税率復活に備える

印刷

   ガソリン携行缶が売り上げを伸ばすなど、ホームセンターの一部でガソリン「買いだめ」準備ともみられる現象が現れ始めている。安いガソリンの品切れやガソリン税の暫定税率が復活する場合に備えての購入らしい。ただ、携行缶はセルフスタンドでは不可、灯油用ポリタンク使用は違法のため、ガソリンスタンドでも対応策に頭を痛めている。

携行缶が売れるホームセンターも

暫定税率復活なら、禁止のポリタンクを持ち込むドライバーも出るのか?
暫定税率復活なら、禁止のポリタンクを持ち込むドライバーも出るのか?
「通常ならそう動く商品ではないんですが…」

   北海道帯広市のホームセンター「グッドー白樺店」の担当者は、J-CASTニュースの取材に、こう漏らした。売り上げを伸ばしているのが、ガソリン携行缶。車のガス欠防止や農業機械・船舶用に使われる特殊な金属缶だからだ。

「それまで1週間で3~4缶だったのが、10缶以上売れていますね。3月下旬からそうです。お客さまには若い人もいて、ガソリンの買いだめとしか思えないですね」

   同店では、3480円の10リットル缶を、暫定税率が切れた4月1日に完売。売り上げ増を見込んで、今後、売り場面積を2.5倍にするという。

   ガソリン税の暫定税率分の1リットル25円が下がり、値下げしたガソリンスタンドの中には品切れも報道されている。また、福田康夫首相は4月下旬に暫定税率を復活させる方針を示しており、これらに備えて家で備蓄しようとするドライバーがいるのではというわけだ。

   現在は、こうした現象は、一部に留まっている。大手ホームセンター「コーナン」(大阪府堺市)では、「携行缶の売れ行きに、目立った変化はありませんね。あまり安いものではないですし」と話す。いくつかのガソリンスタンドに聞いても、携行缶などを持ち込むケースは確認されなかった。

   とはいえ、「税率が元に戻るなら、そんなドライバーが出てくると思う」(福島県の「会津ゼネラル」)とみる向きは多い。

ポリタンク持ち込みに懸念の声

   消防法によると、ガソリンは、40リットル未満なら家庭で買い置きすることができる。

   しかし、消防庁危険物保安室では、「給油時に蒸気が漏れれば、服の静電気にも引火する可能性があります。ガソリンは、火災が発生する危険が極めて高いのです。一般家庭は、防火設備が整っていないので、買い置きは極力控えて下さい」と話す。

   ガソリンスタンドでは、店員がいれば携行缶で購入できる。が、セルフスタンドでは禁止されている。各スタンドでは、モニターで客の給油状況を確認しているようだが、懸念されるのが、混雑や値上げ前の混乱にまぎれて給油するドライバーが出てくることだ。あるガソリンスタンドでは以前、車への給油後を見計らって携行缶にガソリンを入れるドライバーもいたという。

   さらに、恐ろしいのが灯油用のポリタンクにガソリンを入れることだ。これは、大変危険なため消防法で禁止されている。ところが、前出のグッドー白樺店では、不気味なことに、ポリタンクの売り上げも伸びているというのだ。

「暖かくなってきたので売れていなかったのですが、548円の18リットル入りがこの1週間で20缶ぐらい出ています。禁止なのを知らないで買った可能性がありますが、携行缶と違い、エア抜きがなく膨張するので非常に危険です。ポリタンクに注意書きが張ってありますが、今後はさらに張り紙をしたいと思います」(担当者)

   スタンドでも、戦々恐々としている。前出の「会津ゼネラル」のSS事業部長は、こう明かした。

「ホームセンターで買わなくても、家にある灯油用のポリタンクを持ってきて入れたりするのでは、と恐れています。ガソリンを入れて火事になった例をけっこう聞いていますので、とても怖いです。誤ってポリタンクに給油したら大変なことになりますので、監視をさらに強め、見つけたら『止めて下さい』と呼び掛けます」
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中