交際費「今なら使い放題」? 税制「ハプニング」に「社用族」ニンマリ

印刷

   「使える交際費がたんまり増える」――企業の「社用族」のあいだで、冗談半分にそんなことがささやかれている。今回の税制改正案がらみで、「交際費の損金不算入」の特例が外れたためだ。つまり、経費と同じ扱いになるわけで、儲かっている会社なら思わず財布のひもが緩むことだって十分ありうるのだ。

交際費が経費として認められるようになった

経理担当者の財布の紐がゆるみそうだ
経理担当者の財布の紐がゆるみそうだ

   ガソリン税や地方道路税ばかりに目が奪われていた税制改正案だが、とんだ「ハプニング」が潜んでいた。

   税制改正案の不成立と、2008年3月31日に成立した租税特別措置にかかる適用期限を5月末まで延長する「国民生活等の混乱を回避するための租税特別措置法の一部を改正する法律」(つなぎ法案)から、「交際費の損金不算入」の特例が外れた。もちろん、近いうちに何らかの手当てが施されるのだろうが、それまでは「交際費天国」が楽しめそうだ。

   企業の交際費は、事業活動の経費として損金算入する必要がある。しかし、租税特別措置法にある「交際費の損金不算入」は、通常は経費として計上する交際費のうち、一定額を超えると経費として認めないという法律。例えば中小企業の場合、経費として計上できるのは400万円までとされていた。

   ところが、この特例措置が税制改正案の不成立、さらには、いわゆる「つなぎ法案」の適用期限の延長から外れたことで、3月31日の期限切れで失効してしまった。つまり、交際費が経費として認められるようになったわけだ。

   法人税は企業の利益に対してかかるので、交際費を経費として計上できるのであれば、企業の納税負担は軽減される。そのため、これまでも「交際費が経費として認められるかどうか、経理担当者はけっこう気を遣っています」(公認会計士)という。それが法の失効によって、いくらでも使えるというのだから経理担当者が思わず財布のひもを緩めてもおかしくない。ここ最近おとなしかった「社用族が復活する」との声もある。

この1、2か月のあいだであれば大丈夫!?

   交際費の損金不算入について国税庁は、「たしかに失効期間にあります。今後の措置については、いまのところ何とも言えません」という。

   ある税務署の職員は、「租税特別措置については5月末までの延長措置法でほとんど網羅されているはずです。(交際費の損金不算入については)なにも聞いていないですね。問い合わせが殺到するなど、現場が混乱していることもありません。ただ、上限(この場合、中小企業に対する400万円)があるような規定については、これまでも何らかの措置がとられてきましたから、早急に通達があると思います」と話す。

   前出の公認会計士は「このままの状態が続くことはありませんし、経費であることに変わりないですから、湯水のごとく使えるものではないですよ」というが、この1、2か月のあいだに、銀座や赤坂、そしてゴルフ場に落ちるお金が増えるかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中