「日本人って美しいな」DJ藤原ヒロシ 映画「靖国」を絶賛

印刷

   裏原宿系ファッションのカリスマとして若者に人気のDJ、藤原ヒロシさんは、2008年4月7日のブログで、靖国神社を舞台にしたドキュメンタリー映画「靖国YASUKUNI」をみた感想をこう述べている。

「『靖国』いろいろニュースになってますね。上映禁止とか上映自主規制とか。
この映画、面白いし良い映画なのに。規制する必要あるのかな?」

   なかでも映画に登場する旧日本軍の軍服を気に入った藤原さんは、

「コスプレで参拝している人達、美しいです。
僕は右翼でも左翼でもないけど、『あ、日本人って美しいな』って思いました」

   最後に、「まずは観ないと始まらないから規制なんてしないでどんどん上映すれば良いのに」と、ボルテージはあがるばかりだった。

   「靖国」は東京を中心に上映中止が相次ぎ、文化人から「言論の自由に反する」という声が上がっている。東京では「新宿バルト9」で、そのほかの地域は20館で、5月はじめから順次公開されることが決まっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中