大衆化に舵を切る高級ブランド 「ヴィトン」通販「グッチ」モバイル

印刷

   高級ブランドの「大衆化」の勢いが止まらない。庶民にとって高嶺の花であったのは一昔前のこと。「シャネル」はテレビや新聞に広告を掲載し、「ルイ・ヴィトン」と「ティファニー」は公式サイトでネットショップを開設している。「グッチ」にいたっては高級ブランドでは珍しいモバイルサイトをオープンした。一方で「これまで守られてきた老舗ブランドらしさがなくなるのではないか」と懸念する声も上がっている。

「ヴィトン」は通販に積極的

   2008年3月28日にイタリアのファッションブランド「グッチ」で初めてのモバイルサイトがオープンした。女性向けのハンドバッグシリーズ「ジョイ コレクション」の春夏新製品のプロモーションの一環で、氏名などを登録すると待ち受け画面や携帯電話のメニュー類をカスタマイズできる「きせかえツール」が無料でダウンロード可能だ。

   高級ブランドがモバイルサイトを開設する例は珍しい。重厚な雰囲気の店内で対面式のサービスを実施する高級ブランドにとって、誰もが手軽に利用できるモバイルは正反対に位置している。
   「大衆化路線に変更したのか」というJ-CASTニュースの取材に対し、グッチ グループ ジャパンは「ノーコメント」と回答した。

   フランスの老舗ブランド「ルイ・ヴィトン」も積極的にネットを活用している。日本公式サイトでは、オンラインショップ「E-ショッピング」が07年5月から開設されている。定番の「モノグラム」のほか、最新コレクションのバッグ、財布、腕時計、携帯ストラップなどを豊富に揃える。
   ルイ・ヴィトン ジャパン カンパニーの広報担当者は、

「ネット通販を始めたことで、ブランドイメージを損ねるとは思っていない。サービスの一環として認識している」

と説明する。

将来お客になってくれればいい

   高級ブランドがネットを活用し始めたことについて、日本通信販売協会の担当者に話を聞いた。

「ネットでの通販や情報発信によって、ブランドへの間口を広げている。若者を取り込み、未来の顧客として育てる作戦だ」

   今すぐ購入してもらえなくても、親しみをもってもらい、潜在的顧客を増やす、という作戦らしい。

   アメリカでは宝飾店「ティファニー」が、子供用のジュエリーからハイジュエリーまで幅広い値段の商品を販売し、幼少期から顧客を取り込むことに成功している。

   この傾向はアメリカで数年前から進んでいるというが、日本ではまだ始まったばかり。潜在顧客にまでアプローチしようというのだから、ブランドの大衆化は今後ますます進みそうだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中