市町村長から袋叩き橋下知事 ネットでは支持率77%

印刷

   大阪府が歳出削減案を発表したことを受けて、府内市町村からは猛反発の声が上がっている。首長から「ルール違反だ」など厳しい声が相次ぎ、橋下知事が涙を流して理解を求めたが、首長たちは「芝居じみている」などと冷ややかだ。一方、「役所の外」では、橋下知事に対する支持が圧倒的だ。どうしてなのか。

「この際、無責任なたたき台は白紙に戻しなさい!」

ネット上の「支持率」は77%だ
ネット上の「支持率」は77%だ

   府内自治体の首長と橋下徹大阪府知事とが意見交換を行うための会合が2008年4月17日開かれ、代理出席の堺市と高槻市を除いた41市町村の首長が集まった。08年度予算では、貸付金を含めると、府から市町村への支出金は3357億円を予定していたが、府の改革プロジェクトチームが(PT)79億円削減する方針を示したことから、各首長から知事への不満が爆発した。

   大阪市の平松邦夫市長が口火を切り、

「(市区町村の)負担を引き上げるのであれば、具体的にどのくらいになるのかを示した上でお願いすべき」

と主張。首長はマイクを回しながら、約1時間にわたって次々に不満を口にした。

   例えば守口市の西口勇市長は

「『子どもが笑う大人が笑う』。どこが笑うんですか!こんなことやっちゃったら、泣いて苦しみますよ」

と、知事の選挙運動時のキャッチフレーズを引き合いに出して非難する一方、摂津市の森山一正市長は

「この際、無責任なたたき台は白紙に戻しなさい!」

と「命令」してみせた。

   批判にさらされた知事は、最後に

「人件費が高すぎる。人が多すぎる。一緒になって考え、今一度ご協力のほど、宜しくお願いします」

と、声をうわずらせ、涙を流して訴えた。こんな状況に対して、首長側から「知事いじめをしているのではない」と、一応のフォローをするかのような声もあがったが、

「あれ(涙)がホンマもんなら、かなりの役者と思う」(能勢町・中和博町長)
「あれ(涙)を映されたら、我々市長は悪者ですよ。そんなバカな話はない」(守口市・西口市長)

といった厳しい声が目立った。

財政再建を掲げて当選した市長が今度は…

   いわば、橋下知事は、府庁舎内では「防戦一方」だが、府庁舎の外では、形勢が逆転している模様だ。

   ヤフーが4月18日に同社サイト上で「橋下大阪府知事と府市町村長の言い分、どちらを支持する?」というアンケートを始めたところ、橋下知事を支持する声が大半だったのだ。4月18日18時現在、投票数は3万5000を越えているが、支持する対象として「府市区町村長」を挙げたのは12%なのに対し、橋下知事を支持する声は、実に77%。

   寄せられたコメントの中身を見ると、

「本気で立ち直らせたいって思っている彼に対して、どうして、批判ができるんだろう??」
「橋下さんと涙を流しましょう。汗もかきましょう」

   といった、「首長も財政再建に協力すべき」といった主張が目立ち、知事に非協力的な首長の態度が原因で、首長に対するネットユーザーの支持が少なくなっている模様だ。

   もっとも、橋下知事を批判している首長も、財政再建を唱えているケースが少なくない。例えば、知事に「命令した」摂津市の森山市長は、府議会議長を経て04年に市長に初当選した時には、「身を削るしかない」として、財政再建を公約に掲げている。具体的には、職員数や職員手当の削減を唱えていた。

   府からの補助金削減を「大人も子どもも泣いて苦しむ」となじった守口市の西口市長は、07年の初当選時には、葬祭会社を経営した経験から「民間委託や人件費削減を行い、財政再建をスピードアップする」とアピールしていた。

   このように、橋下知事も各自治体の首長も「財政再建」という共通の目標があるだけに、どの程度歩み寄れるかに府民の関心が集まりそうだが、両者の溝が埋まりそうな気配は見えない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中