ストリップ劇場「絶滅の危機」 経営難で4年前の3分の1

印刷

   かつて風俗の代表格だったストリップ劇場が、「絶滅の危機」に瀕している。過去4年間で3分の1に減り、さらに「経営がきつい」と漏らす劇場が相次いでいるからだ。もうその役割は終わってしまったのか。

お年寄りが客の中心

小澤マリアさんの公式ブログ
小澤マリアさんの公式ブログ
「今は、お年寄り客が中心のストリップ劇場になっているんですよ」

   38年の歴史がある東京・渋谷の「渋谷道頓堀劇場」のスタッフは、こう明かした。スタッフによると、今の若者が向かうのは、インターネット上の無修正動画やデリバリーヘルス。わざわざ家から足を運ばなくてもいいからだ。

   劇場は、バブル崩壊前の昭和50~60年代が人気のピーク。スタッフは、「特にここ10年来、低迷していて、いい時期がありませんね。現状はきつく、劇場を閉めるぎりぎりでしょうね」と溜め息をついた。

   警察庁によると、ストリップ劇場などの店舗型性風俗特殊営業3号の店舗数は、07年が180店で4年前の3分の1に激減した。これは、06年5月の風営法改正で、公安委員会への届け出要件が厳しくなったことが大きい。また、前出のスタッフが明かしたように、ほかの性風俗に客が流れた影響もあるようだ。

   このスタッフによると、全盛期には、癒しやロマンを求めて、ストリップ劇場に若者が殺到。立ち見でも入れないぐらいフロアがあふれた。しかし、週刊誌にヘアヌードが載り、ファッションヘルスなど新しいタイプの性風俗店ができると、次第に客足が遠のいていった。

   劇場側も、小林ひとみ、桜樹ルイといったアダルトビデオ俳優に出演してもらい、客離れ防止に動いた。が、風俗産業間の価格競争は激化し、高額なギャラが採算に合わなくなった。本番行為の生板ショーや不法滞在の外国人ダンサー出演に手を染める劇場もあり、その後の摘発で次々に閉店に追い込まれた。

   苦しいのは、地方にある温泉地などのストリップ劇場も同じだ。福井県の「あわらミュージック劇場」の支配人は、「お客さんは、バブル期の半分に減りましたね。キャバクラなどが増えたり温泉客が減ったりしたのが原因でしょう。昔は、石川県の山中、山代温泉から大挙してタクシーで乗りつけてきたんですが…。今は、若い女の子をそろえて、既存客を大事に商売しています」と話す。

ダンサーブログや動画サイトで客離れ防止

   そんな中で、生き残りをかけて、ストリップ劇場の模索が始まった。

   老舗として知られる東京・浅草の「浅草ロック座」では、ネット上に公式サイトを開設。全国のロック座グループ劇場に出演しているダンサーを含め、30人のブログを一挙掲載している。例えば、AV俳優でも知られる小澤マリアさん(22)の公式ブログをのぞいてみよう。4月18日付日記では、ペット犬(?)の写真とともに、「今日はこれから極秘の撮影だよーん♪ 雨の中頑張ってきますぅ~☆★」などと意味深な書き込みで読者の注意を引いていた。また、ロック座では、USEN運営の動画サイト「ギャオ」とコラボレーションして、各ダンサーの動画をアップしたサイトも開設している。

   「時代の流れを感じて、ネットでの取り組みを始めました。一昔前は、割引券を配ったり、宣伝カーを出したりしていましたが、規制が厳しくなったこともあります」とロック座のスタッフ。

   さらに、07年4月1日には、中国・マカオのホテルが開設した劇場で、ダンサーを送ってショーをしている。ストリップ劇場としては全国初の海外での試みだ。

   ただ、ロック座でも、競争激化の中で、経営は容易でないようだ。スタッフは、「小林ひとみさんらが出演した15、6年前の全盛期に比べ、お客さんは半分ぐらいに減っています。マカオのショーは、文化の差があり、あまり芳しくありませんね」と話す。

   一方、前出の渋谷道頓堀劇場でも、改善努力に限りがある悩みを打ち明ける。

「最近の若者はきれい好きなので、照明などを磨いて、清潔感を出すようにしています。また、きれいな裸のショーになるようにも努めています。でも、それぐらいしか打つ手がないんですよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中