善光寺に「放火予告」脅迫 中国抗議に「スタンガン使え」

印刷

   北京五輪聖火リレーの出発地を辞退した長野市の善光寺に対し、在日中国人留学生向けの掲示板に、放火をほのめかすような書き込みがあったことが分かった。また、リレー当日、中国政府のチベット人権侵害に抗議する人らにスタンガンを使うよう呼び掛ける書き込みも同じ掲示板で見つかった。

「俺が火をつけて燃やしてやる」

4月18日午後11時59分に書き込まれた善光寺「放火予告」
4月18日午後11時59分に書き込まれた善光寺「放火予告」

   長野市内で2008年4月26日に行われる聖火リレーの出発地だった善光寺は同18日昼過ぎ、記者会見して突然辞退を明らかにした。仏教徒としてチベットの人権問題を無視できないことなどが理由だった。同寺事務局によると、この決断に対し、翌日までに、同寺にかけられた電話が約200本もあった。そのほとんどが、「英断だ」などと評価するものだったという。

   ただ、一部で「なぜ、辞退してしまったのか」と問い詰める電話も数本あった。その後、関係者を嘆かせる事件が起こった。辞退との関連はまだ不明なものの、20日早朝になって、国宝となっている本堂に白いスプレー状の落書きが計6か所も見つかったのだ。

   一方、ネット上では、中国系のサイトや掲示板を中心に、辞退への反発の声が広がっている。そして、18日深夜には、在日中国人留学生向けの掲示板に脅迫めいた不穏な書き込みが現れた。

   「東京華人網」というコミュニティサイトで、中国語で「俺がちょっと行って、火をつけて燃やしてやる。おまえらも、ガソリンを多めに持ってくるのを忘れるなよ」と書き込まれていたのだ。文中に、【善光寺】とあることから、放火予告とみられる。このサイトでは、聖火リレーを当日応援しようと、東京からバスで長野へ向かうツアーを告知して募集していた。そのコメント欄に、「放火予告」は書き込まれた。

   この書き込み主のプロフィールを見ると、埼玉県川口市の未婚男性(28)とある。驚くことに、チベットの中心都市、ラサ出身だという。現在は、博士課程に在学、あるいは博士号を取ったとしている。

長野県警は警戒強める

   「放火予告」の男性については、ヤフーオークションで著作権を侵害する海賊版のフィギュアを大量に売りつけていた要注意人物と同じではないか、と2ちゃんねるで話題になっている。「東京華人網」では、アニメオタクでフィギュア好きと自己紹介していた。また、このサイトで07年8月25日、ネットで物を売って2年以上になるとし、オークション販売などで一緒に働く仲間がほしいと打ち明けていた。

   善光寺の事務局では、「辞退のこととどう関係があるか分かりませんが、落書きの件も含めて、まことに残念ですし、悲しいことです。さらに境内の警備を強化したい」と話す。ただ、掲示板の書き込みについては、「面白半分の可能性もあり、信憑性が分からない」として、被害届は出さないという。

   聖火リレーを巡っては、同じ「東京華人網」で、脅迫めいた別の書き込みも見つかった。それを見つけたとされるブログ「天漢日乗」の4月15日付日記によると、聖歌リレー応援ツアーのコメント欄に4月10日深夜、次のような書き込みがあった。

「一番いいのは、スタンガンをもっていくのさ、電池を使うタイプの、それで『チベット独立派』をビリッとやっても傷はつかないし、警察が捕まえたって、平気だぜ」

   プロフィールを見ると、埼玉県川口市の未婚男性とある。中国の黒竜江省出身というから、前出の「放火予告」男とは別人のようだ。

   続々とネットに現れる不気味な予告や呼びかけ。長野県警は、どう捉えているのか。広報課の担当者は、「放火予告」について、「広い意味で取れば、脅迫罪になります」とし、スタンガン使用については、「もし使えば、暴行罪になります」と警告する。そして、

   「個々のケースについては答えられませんが、ネット上にいろいろなことが書かれているのは承知しています。善光寺には自主警備の強化をお願いしており、私どもも警戒を強めています。必要があれば、捜査することになります」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中