トヨタ2010年に中国で100万台販売計画

印刷

   珍しく降った春の大雨の中、北京モーターショーは2008年4月20日、中国内外の自動車メーカー約2100社が出展して開幕した。膨脹している中国自動車市場に、世界各国のメーカーも注目しているだけに、会場は熱気に包まれた。とりわけ関心を集めたのは日本メーカー。トヨタと中国第一自動車が合弁した一汽豊田汽車銷售有限公司総経理の毛利悟氏は、今後の販売について「2010年に中国では少なく見積もって1000万台の車が売られるだろう。その時点でトヨタはシェア10%を取りたい」と語っている。トヨタは2010年に100万台の販売を実現しようというわけで、今回のショーにもその意気込みが示されていた。

モーターショーは展示即売の場でもある

展示されたトヨタカローラ
展示されたトヨタカローラ

   「一部の評論家は、3-4年後に中国の自動車生産量は、アメリカを抜いて、世界一になると豪語しているが、それは夢ではない」。(中国)国務院発展研究センター産業部長の馮飛氏は、今後の中国自動車市場について聞くとそう答えた。自動車販売が「爆発」した2002年から、年間2桁の成長を継続しており、「2007年に前年比に21.8%増の880万台が売れ、今年は1千万台を上回ることは期待できる」(馮飛氏)。あと数年で中国は生産台数でアメリカを抜き、世界一になるかもしれない、という情勢なのだ。

   日本企業は、展示の中でもっとも注目を集めている。トヨタ、日産、三菱自動車などの各社の首脳には、雨のようなフラッシュが浴びせられた。三菱自動車の益子修社長は、得意な英語でマスコミ各社に「中国での販売ネットを整備し、輸出車と中国国内での組み立て車の販売に力を入れる」と宣言した。人気映画俳優のジャッキー・チェンは、雨で飛行機が遅れ、益子社長のスピーチに間に合わず、午後4時ごろやっと到着した。すぐに三菱自動車のブースは、立錐の余地もなくマスコミ各社が集まった。

   北京モーターショーには一つの特徴がある。もっとも高価な車が、誰に買われるかが全中国の注目のポイントであった。欧米メーカーの天文数字のような高価の車は、初日に買われていく。モーターショーは、展示即売の意味合いもあるのだ。

   今年は違う。トヨタのブースでは、すべての説明看板に、詳細な技術的なデータのほかに、この車はいくらで売っているのかが、格段と大きなゴジック数字で示してある。大衆車の場合、ほぼ中国都市の中流水準の人の年収とそう変わらない10万元か15万元(1元は16円)となっている。

100万台は、2008年か2009年に到達するとの見方も

   トヨタはとりあえず、100万台を実現しようとしている。2008年は提携先の一汽が40万台で、広州が20万台、あわせて60万台の体制。2009年は80万台ぐらいにして、2010年に100万台の大台に乗せようとしている。トヨタの「2010年100万台販売」については、もっと早めに実現できるだろうという見方が強く、2008年か2009年に到達するかもしれない。2007年に同社の販売量は前年比で6割以上も伸びた。トヨタは、モーターショーでは車の説明に販売価格を明示した、ほぼ唯一のメーカーであり、意気込みがそこからも覗える。

   幕張メッセの敷地より大きく見える会場の数キロ前から交通渋滞となり、車で会場に通うのは、たいへん時間がかかる。中国社会は、車への関心が高く、北京っ子も渋滞に慣れていて、汚い空気の中で何時間でも待とうとしていた。

   展示会に入ると、省エネ技術、渋滞回避のためのカーナビなどの展示が目に入る。また国内ブランドに関心を示している中国消費者には、ホンダは、「理念」という中国専用ブランドのコンセプトカーを出した。

   人気俳優の起用、価格の明示、省エネ、中国専用ブランドなどなど、日本メーカーは、あの手この手で中国自動車市場を狙っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中