おバカタレント つるの剛士、ガタガタに凹む

印刷

   おバカタレント3人組のユニット「羞恥心」のメンバー、つるの剛士さんは2008年4月21日にブログを更新した。「あんまり凹む事がないボキが、ガタガタに凹みました・・」

   「ダウンタウン」が司会を務めるフジテレビ系列の音楽番組「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」の収録で、事件は起こった。

   「実は、本番、 歌う時に、歌詞が書いてあるカンペの文字が小さくて全く見えなかったのです」

「テンパりまくりです。
テンパりまくって声出ないし・・
キビーッス。
キビすぎます」

   しかしそこはプロ。

   「カラオケで何回か歌っていたのでなんとか思い出して歌いきりました」

と、1番2番の歌詞がめちゃくちゃになったものの、根性で乗り切ったようだ。

   凹みつつも、オンエアーされた「HEY!HEY!HEY!」をメンバーと楽屋で観たところ、 ユースケ(上地雄輔さん)は、

「別に普通じゃん」

   直樹(野久保直樹さん)も、

「は?普通っすよね。」

って。

   つるのさんは、

「なんか、一気に安心しました」

と、どこまでも楽観的な3人だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中