動画サイトで大ブレイクPerfume ネット仕掛け説まで取りざた

印刷

   女性3人組のテクノポップユニット「Perfume」が、オリコン1位浮上で大ブレイクしている。一方で、人気者になったがゆえに、動画サイトでのキャンペーンの有無やラジオでのうっかり発言などがクローズアップされている。

オリコンアルバムチャートで週間1位

Perfumeの公式ブログ
Perfumeの公式ブログ

   広島出身の3人は、中学時代の2000年にユニットを組み、05年9月にメジャーデビューした。ユーチューブなどへの投稿動画や公共広告機構とNHKの共同エコCMの楽曲採用などを通じて、知名度がアップ。そして、セカンドアルバム「GAME」が、発売一週間で15万枚余を売り上げ、08年4月22日、28日付オリコンアルバムチャートで週間1位に躍り出た。テクノポップとしての1位は、25年前のYMOのアルバム「浮気なぼくら」以来だという。

   その躍進に一役買ったのが、人気歌手の木村カエラさん(23)。たまたま手に取ったPerfumeのプロモーションビデオ(PV)を気に入り、自らがパーソナリティを務めるJ-WAVEのラジオ番組「OH! MY RADIO」で07年3月ごろ、繰り返し彼女らの曲を流した。スポーツ報知の07年6月23日付記事によると、それを聞いたCMディレクターが、「世代的に新しいのに、懐かしいテクノボイスが印象に残った」と共同エコCMに起用したという。

   いわばカエラさんは、彼女たちの恩人だ。その後、Perfumeは07年8月、カエラさんのラジオ番組に初出演。08年4月22日深夜には、ゲストとして2回目の出演をすることになった。

   ところが、カエラさんは、名古屋から新幹線で東京へ向かう途中、非常口からの飛び降り死亡事故の影響で、生放送に間に合わなかった。そこで、Perfumeの3人が急きょ代役を務めることになった。

   思わぬ大役に、3人は発奮してトークが爆発。メンバーの「あ~ちゃん」こと西脇綾香さん(19)が、うっかり口走ってしまった。

「この状況をものすごくおいしいと思っています。がんばります」

   動揺していたらしいが、2ちゃんねるやニュースサイトのコメント欄では、「人身事故の時においしいという単語使うのは不謹慎」「つーか事故の事知らされて無いじゃん」などと論議にもなっている。

キャンペーンの仕掛け事務所は否定

   Perfumeに人気が出たのは、ユーチューブやニコニコ動画に大量の動画がアップされたこともある。

   特に、ニコニコ動画では、Xbox 360向けのアイドル育成ゲーム「アイドルマスター(アイマス)」の映像とPerfumeの曲を組み合わせた投稿動画が人気を集めている。曲が流れる中をバーチャルアイドル3人が歌う様子で踊るものだ。投稿者が映像を再構成して作るMADムービーのスタイルを取っていることから、「アイマスMAD」と呼ばれている。

   最も閲覧が多いMAD「アイドルマスター Perfume パーフェクトスター・パーフェクトスタイル PV風」は、32万回以上も再生されていた。コメントには、「やばいいいな!」「オリコン週間一位おめ」などの文字が躍っている。最近は、J-CASTニュースが08年4月22日付記事で報じたように、演歌歌手の吉幾三さんのヒット曲「俺ら東京さ行ぐだ」とコラボレーションされた動画が人気を集めている。

   動画に商品リンクを張れる「ニコニコ市場」では、Perfumeのベスト盤などが紹介されている。そして、07年7月21日には、前出のMADは、同市場で商品が売れた動画の週間ランキング1位になっていた。

   とはいえ、ネットでたびたび取り上げられることから、はてなダイアリーやニュースサイトなどでは、Perfumeサイドがキャンペーンを仕掛けているのではないか、との書き込みも目立った。所属事務所のアミューズでは、こうした仕掛けの存在を否定している。

   人気が出てくると、今後いろいろと指摘されることも増えそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中