加護亜依「本格復帰」へ 香港映画出演を発表

印刷

   テレビ番組のインタビューに出演したことが話題になった、元「モーニング娘。」メンバーの加護亜依さん(20)のメディア露出が急増している。「芸能人ブログランキング」で一位になり、ブログでの反響の多さに驚いている様子だ。さらに、香港映画への出演も発表され、「本格復帰」作戦は着々進行中だ。

注目度が下がっているという報道も

加護さんはブログで香港映画出演を発表した
加護さんはブログで香港映画出演を発表した

   加護さんは、2008年4月7日にテレビ朝日系のワイドショーで放送されたインタビューで、喫煙騒動で解雇されて以来、初めて公の場に登場。過去にリストカットを経験したことを告白するなどして、世間に衝撃を与えた。直後にファンクラブを設立し、ブログもオープン。「復帰準備を進めているのでは」との憶測が広がっていた。

   その一方で、決して弱くはない「逆風」も吹いた。J-CASTニュースが4月14日に 「加護亜依ブログに『盗作』疑惑 『お金がない』もウソ?」という記事で報じたように、ブログの内容について疑問を呈する声がネット上で噴出した。また、「注目度の低さ」を指摘する報道もある。「フライデー」08年5月9日・16日号(首都圏では4月24日発売)によると、同誌は、加護さんが4月19日、東京・表参道にある動画配信サイトのスタジオを訪問したときの様子をキャッチ。

「(加護さんは)遠目でもハッキリわかる芸能人オーラをふりまきながら、一般の人々に交じって、フツーにスタジオを観覧していた」

   と表現しながらも、ファンが取り囲むような騒ぎにはならなかったとも指摘。加護さんの注目度が下がっていることを示唆している。加えて、「そもそも『オーラ』すらないのではないか」との憶測を呼びそうな報道もある。加護さん自身が「女性自身」08年5月6日号(首都圏では4月22日)のインタビューに答え、復帰報道の翌週、電車に乗ったときの様子を、このようにふり返っているのだ。

「電車には私の記事が出てる週刊誌の中吊り広告があって、目の前にいるおじさんは広告を見てるんですけど、目の前の私には気がつかないみたいなんです。女子高生もいたけど、けっこう気づかないんですよ。バレなさすぎて、逆に寂しいくらいでした(笑)」

共演相手は香港のスター、サモハン・キンポー

   ところが、実社会の注目度が「モー娘。時代」の水準まで回復するにはまだ時間がかかりそうな一方、ネット上ではかなりの人気を誇っているようだ。芸能人ブログへのアクセスを集計しているサイト「芸能人ブログランキング」によると、加護さんのブログの「人気度」は90123ポイント。2位の上地雄輔さんの58284ポイントを大きく引き離して、堂々の1位だ。4月21日に「オーマイニュース」が配信したインタビューで、加護さんは

「普通の人がやっているのとは違ったようなブログにしたい。みんなが見て楽しい、絵本のようなブログにしたいです」

   と意気込みを語っている。

   そのブログで加護さんが4月24日、新たな展開を発表した。

「香港映画が決定しました!パチパチ(ノ><)ノ こんなに早く仕事が貰えるなんて思っていなかったのですごく嬉しいです。どんな内容なのかは私もまだ詳しくは知らないのでわかったら一番にお知らせしますねo(^-^)o」

   と書き、香港映画への出演が決定したことを明らかにしたのだ。加護さんのインタビューを多数行っている芸能レポーターの梨元勝さんが同日、東京スポーツに連載中のコラムで明らかにしたところによると、共演相手は香港のスター、サモハン・キンポーさん(58)。ジャッキー・チェンさんに並ぶ香港映画の大御所だとされる。5月初めに香港で制作発表記者会見を開き、そのままクランクインするという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中