篠原ともえ 「猫カフェ」で受けた痛い仕打ち

印刷

   タレントの篠原ともえさんは2008年4月28日に更新したブログで、猫とふれ合える「猫カフェ」に行ったと書いている。猫を見て癒されていた篠原さんだが、ちょっぴり痛い仕打ちが待ち受けていた。

「かわいすぎる!!!!!!!!くるまってる!!!!!!!
みずから鍋に入って行った!!!!ライブネコ鍋!!!
ちょっと感動!!!」

と、猫が土鍋にぴたっと入る、流行の「猫鍋」を生で見て、感激した様子だ。

   すると篠原さんのところに、1匹の猫が近寄ってきた。すかさず抱っこして、ツーショット撮影に成功した。

「ネコはなでるだけにしよう!」

「かわいいのが撮れたーーー!!!!」と喜んでいると、
「にゃぎ〜〜〜〜!!!!!!!!!
しゃーーーーーーーーーーーっっ!!!!!」

   抱っこが嫌いな猫に、引っ掻かれてしまった。

   さらに、エサを買って、

「エサだよーーーーーーー」とあげてたら、
「ガブーーーーーーッ!!!!!!!!!」

   今度は噛まれたようだ。

   傷だらけで帰宅し、

「ネコはなでるだけにしよう!!!!!!!!
抱いたり、エサはあげないようにしよう!!」

と、心に決めた篠原さんだった。

「でもネコの毛並みは癒される!!!!!!!
ネコ好きにはたまりゃないよーーーー」

   癒しと痛みと、究極の2択だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中