「一人で迎える老後」への不安 大ベストセラーを産む

印刷

   「一人で迎える老後」をテーマにした書籍が、大ベストセラーになっている。「老後にいくら必要か」「死んだら遺体は誰が引き取ってくれるのか」――そんな疑問に答えた。独身女性が増えていることや、熟年離婚の増加といった背景から、「他人ごとではない」と感じた人が多かったようだ。

独身女性より強い、死別妻の「一人」に対する不安

話題になっている「おひとりさまの老後」
話題になっている「おひとりさまの老後」

   大ヒットした書籍「おひとりさまの老後」は2007年7月に発売され、08年4月現在の発行部数は75万部を突破した。一人で老後を迎える心得が明るいタッチで書かれていて、「今までにはない」とマスコミで取り上げられるなど発売当初から話題に。3カ月で19万部を販売し、その後も勢いは衰えていない。

   大型書店「リブロ」池袋本店の書籍売り場担当者は、「社会福祉学の分野では類を見ない売れ行きだ」と、驚いている。同店では、社会学、人文学、家庭医学の3つのカテゴリーに陳列していて、発売から半年以上経った今も中高年女性を中心に売れている。また、「将来わが身に起こるかもしれない」という思いから30~40歳代の女性や、男性も購入していて、読者層が幅広いのが特徴的だ。

   発行元は、社会保険や健康に関する書籍を半世紀以上にわたって発行する出版社、法研(東京都中央区)だ。

   企画・編集を担当した出版事業部部長の弘由美子氏は当初、独身女性に向けた書籍として企画していた。しかし、老人ホームなどで高齢者と話をするなかで、夫と死別した妻の方が一人で迎える最期への不安が強いことに注目し、読者の間口を広げた。

   著者の上野千鶴子氏は、社会学や女性学の分野の権威者だ。専門書を多く出版しているが、弘氏は「今回は一般読者に向けて、わかりやすい言葉で書いてもらった。ご自身も近く還暦を迎える立場として、同世代の女性の疑問に答えたこともリアル感がある」と話している。

極似するタイトルの書籍も登場

   近年、65歳以上の単身者が増えていることもヒットに影響したようだ。総務省が05年に実施した国勢調査によると、65歳以上の単身者は男性が25万9675人、女性が51万6823人だった。00年の調査では、男性が16万1028人、女性が41万9550人で、全体では20万人以上増加した。今後さらに一人で老後を過ごす高齢者が増えると予測される。

   極似するタイトルの書籍も登場した。「『ひとりの老後』はこわくない」(海竜社)は07年12月に発行された。こちらも「まずまずの売れ行き」(リブロ店員)だ。一人で迎える老後への関心の高さが窺える。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中