星野仙一、野球少年2000人にご馳走 「カレーを食べて元気を出そう」

印刷

   「こどもの日」の5月5日、星野仙一さんが野球少年約2000人にカレーをご馳走し、「元気を出して頑張ろう」と呼びかけた。「子どもをめぐる問題は相当に深刻だ」という星野さんは、とりわけ「食」について心配している。ただ、この日は元気にカレーを食べる野球少年たちを見て、安心した様子だった。

「ともに金メダル目指して頑張ろう」

野球少年と共にカレーを食べる星野仙一さん
野球少年と共にカレーを食べる星野仙一さん

   星野さんが塾長を務める「夢・星野スポーツ塾」が開催する少年野球大会「第2回夢・星野スポーツ塾ポップアスリートカップ」の開会式が「子どもの日」の2008年5月5日、横浜スタジアム(神奈川県横浜市)で行われた。星野さんは開会式で、「大いに勝負にこだわって、勝者の喜びと敗者の悔しさを味わってください」と述べたほか、「私と一緒に少年野球の金メダルと、そしてオリンピックの金メダルを目指して、ともに頑張りましょう! 」と呼びかけた。

   この日、少年野球大会に出場する109チーム、2180人の少年選手が開会式に参加したが、「ファイトカレープロジェクト」の代表も務める星野さんは選手全員に、

「僕は子どもの頃からカレーが大好き。カレーを食べて元気を出して」

とカレーをご馳走。

  「ジャイアンツや横浜の選手はカレーを食べてないんじゃないかなぁ~。阪神と中日の選手は好きだからな」

といった冗談も飛び出した。

「残さず食べろよ」と野球少年に「カツ」

「僕は子どもの頃からカレーが大好き」と星野さん
「僕は子どもの頃からカレーが大好き」と星野さん

   この3日前の5月2日、自身のホームページで、年寄りじみた歩き方の小学生を「おばあちゃん」に見間違えてしまい、「日本の子ども達の食育や歩育の問題が心配される」などとショックを告白していた。

「子ども達についての問題は相当に深刻なところにきていることに思いを新たにしたい」

   しかし、この日、カレーを元気に食べる野球少年を見て、星野さんはひとまず安心した様子。109チーム中、抽選で選ばれた1チーム「調布メンパース」(東京都西地区)は、星野さんと一緒に昼食をともにした。「残さず全部食べろよ」「好き嫌いはダメだ」と星野さんに「カツ」を入れられ、少年たちも元気にカレーをほおばっていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中