ほっしゃん。衝撃 ペットのフクロウ「天国に飛び立ちました」

印刷

   お笑い芸人の「ほっしゃん。」さんは2008年5月6日に更新したブログで、ペットのフクロウ「モイモイ」が亡くなったと報告した。我が子のようにかわいがっていて、まだ立ち直れていない様子だ。

「うちのインドオオコノハズクのモイモイが
4月のある夜に天国に飛び立ちました。
先天性の病気を抱えながら、本人も家族も頑張ってたのですが、
最期は僕の手のひらの上で眠るように旅立ちました」

   お葬式が済み、今はお墓に眠っている。

   まだ気持ちの整理ができていなく、

「ほんとに我が子のように接してたので、僕も妻もなかなか立ち直れなくて。
今はただただ、飼い主としての力不足に怒りと情けなさがおさまりません。
つらいです。ほんまに」

と、心境を綴っている。

   「ほっしゃん。」さんは先天性の病気があったモイモイを2週間に1回病院に連れて行き、大切に育てていた。ある日、水浴び用の容器の中で仰向けに倒れていたのを、帰宅して発見し、「くちばしをくわえて人口呼吸をしながら、体を温め続けた」と3月15日のブログに書いている。その時は無事に意識を取り戻し、「奇跡だ」と喜ぶ一方で、「飼い主である僕の不注意です。危険性の認識不足です。想像力の欠如です。ペットを飼われている方は多いと思いますが、彼、彼女たちの大切な命は、確実に飼い主の手の中にあるということを再確認して仲良くしてくださいませ」と、自らを戒めるようなコメントを載せた。

   今回、奇跡は起こらなかった。大切な家族を亡くしたことは簡単には癒えることのない傷だが、「いつかあの世に行った時、モイに『ホゥー!』と感心されるように頑張って生きたいと思います」と、前向きになろうとしている。

「モイ、ほんまに出逢えて良かった」

   この日のブログには、モイモイとのツーショットや想い出の写真をたくさん掲載した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中