逆ギレ竹原慎二 「高速道路の係員、次に会ったらボコボコじゃけぇの」

印刷

   元プロボクサーの竹原慎二さんは連載中の情報サイト「月刊チャージャー」で、「高速道路の係員をボコボコにしたい」と書いている。何があったのか。

   ある日、高速に乗った時のことだ。普段はETCが付いた車を運転している竹原さんは、いつものくせでETCレーンの方に並んでしまった。

「『しまった』と気づいてゲートの前で止まったわ。
ま、間違いは誰にでもある。現金で料金を払うだけのことじゃ」

   そこに、高速道路の係員がやってきた。

「俺に『めんどくせえな、何やっとんじゃボケ』的な態度で接してきたんじゃ」

   竹原さんの主張はこうだ。

   「たしかに俺は、うっかりレーンを間違えたお茶目なドライバー」だ。「じゃが、わしが悪かったって謝っとるじゃろうが!」

   係員の高圧的な態度に、怒りは収まらない。

「おい、高速道路の係員、
次に会ったら
ボコボコ
じゃけぇの」

   連載中の「竹原慎二のボコボコ相談室」では、30歳独身サラリーマンを対象に悩み相談も受け付けている。5月7日現在で62人がボコボコにされた(相談を受けた)。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中