「銀聯カード」取り扱い急増中 「お金持ち」中国人観光客取り込み

印刷

   中国で15億枚も発行されている「銀聯(ぎんれん)カード」を利用できる店が、日本国内で増えている。高額商品をバンバン買ってくれる中国人はお店にとっては「のどから手が出るほど欲しい客」。銀聯カードを取り扱い、中国人を取り込もうと、どこも必死だ。

「ビックカメラ」では平均購入金額は日本人の5倍

   国際観光振興機構(JNTO)によると、過去最高の94万2439人が07年に日本を訪れた。しかも、日本人よりはるかにいいお客さんなのである。

   家電量販店の「ビックカメラ」では、「銀聯カードでの1回あたりの平均購入金額は、5万5000円以上」だそうで、店全体平均の1万円を大きく上回る。

   人気の商品は、デジカメ、ゲーム関連、「I-pod」、国産時計だ。

   紳士服専門店の「洋服の青山」では、東京、大阪、京都といった中国人が多く訪れる場所を中心に134店で取り扱っている(08年5月現在)。全705店舗のうちの2割にあたる。青山商事の広報担当者によると、「これだけ導入している企業は他にないのではないか」という。

   同店で販売するスーツの売れ筋は3~4万円台だが、中国人客には「4~8万円台の高価格なものがよく売れている」。約7割の商品が中国製だが、「中国国内で販売されているスーツよりも、クオリティが高い」と、観光客やビジネスマンに好評のようだ。

   日本国内で銀聯カードが使用できる店舗は、1万500店舗(3月末現在)。主に家電量販店、百貨店、空港免税店、ホテルだ。4月には西武百貨店と東武百貨店の一部店舗と、プリンスホテルでは29店舗で取り扱いを開始した。

07年度は40億円、08年度は100億円を突破する勢い

   銀聯カードの日本窓口である三井住友カードによると、07年度の決済金額は40億円と前年と比べて約5倍に増えた。経営企画部の担当者は、「08年度は100億円を突破する勢いだ」という。

   急増する背景には、政府が中国人観光客の受け入れを緩和したことがあるようだ。以前は4人以上の団体でないと観光ビザが発行されなかったが、3月からは2、3人の家族に「家族観光ビザ」が発行されるようになった。中国からの観光客増は今後も期待できそうだ。

   三井住友カードは、今後は高級ブランド店、中国で人気のゴルフやスキー用品を販売するスポーツ店、アウトレットモールなどに取り扱い店を拡大する考えだ。

   中国人観光客が銀聯カードをこぞって使うのにはわけがある。

   中国では国外に持ち出せる外貨が5000米ドル相当と決まっている。銀聯を使えば現金を上回る高額の商品でも買い物ができる。だから、特に富裕層の観光客には必需品なのだ。

   また、日本では「VISA(ビザ)」や「マスター」といった国際的なクレジットカードを使える店が多いが、中国では少ないという事情もある。三井住友カードによると、銀聯が使える店舗は74万店なのに対し、国際ブランドのカードは20万店だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中