「ガン治ること無い」メーカーも認める 「波動水」という不思議商品

印刷

   「波動を与えた水を飲むと病気やガンが治る」などという宣伝を信じて商品を購入した北海道や徳島の主婦ら6人が「だまされた」としてメーカーなどを相手取り、東京地裁に約1億円の損害賠償を求める訴えを起こした。訴えられたメーカーはJ-CASTニュースに対して、「病気やガンに効くなどとは一切言っていない」など反論した。

「理論についてなら100%いんちきでしょう」

波動水をつくる機器は20万~30万円もする
波動水をつくる機器は20万~30万円もする

   訴えられたのは福岡市に本社のある健康機器メーカーのバイオシーパルス。同社は7年前から「日本波動科学研究会」と提携し、水に振動を与える電気機器の販売を行ってきた。この機器は1台20万円から30万円。「波動測定器」は約60万円もする。人間には固有の正しい振動があり、水に振動を与えることで波動(信号)を生み出し、その波動が入った水を飲めば人間の振動が正常に戻り、健康に役立つ、という仕組みを謳っている。

   同社が訴えられたのは2008年5月21日。新聞各紙の報道によれば、この水を飲むと「痛みが消える」「病気が治る」「子供の障害がなくなった」などとうその説明で機器を販売。中には5000万円もつぎ込んだ被害者もいて、被害総額は2億6千万円になるのだという。 この機器については、数年前から疑問の声が出ていて、「ヤフー知恵袋」や「教えてgoo」などのQ&Aサイトにも、

「波動水を作り病気の治療が出来る、と販売員は言っておりました。これって本当なのでしょうか?」

   などの質問が寄せられ、

「理論についてなら100%いんちきでしょう」

   などという回答が出ていた。

「オーバートーク、販売員にあった」

   バイオシーパルスはJ-CASTニュースの取材に対し、なぜ自分達が訴えらなければならないのかわからない、と話した。同社によれば、訴えを起こした6人は一般消費者ではなく、同社にとっては「代理店」なのだそうだ。同社はいわゆるネットワーク販売をしていて、機器の購入者は「会員」になり、数多く購入したり、別の購入者を紹介すれば報酬が上がる仕組みだ。会員は現在1万4千人。

   同社の担当者はJ-CASTニュースの取材に対しこう話した。

「水の波動で健康が維持できるという商品のため、製品の箱には『病気やガンが治るとかいうことは無い』というステッカーを貼り、販売員にも、病気の治癒を期待するお客様には売らないでくれ、と指導してきた」

   という。そしてこう言い訳した。

「(病気が治るなどの)オーバートークが販売員にあったことは確認している。それを完全に無くせなかったのは当社のせい、と言われましても・・・」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中