伊藤長崎市長射殺判決で、暴力団幹部に死刑

印刷

   長崎市長選の選挙運動中に伊藤一長市長(当時61)が2007年4月に射殺された事件で、長崎地裁(松尾嘉倫裁判長)は2008年5月26日、暴力団幹部の城尾哲弥被告(60)に対し求刑通り死刑を言い渡した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中