Jパワー・TCIの委任状争奪戦 日生、みずほコーポ巻き込み激化

印刷

   英投資ファンドのザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)が、電力卸大手のJパワー(電源開発)に対する委任状争奪戦を宣言した。中垣喜彦社長の解任や増配などの株主提案の実現に向けてTCIのアジア代表、ジョン・ホー氏は、2008年6月26日の株主総会での勝利に向け、機関投資家や個人投資家向けの説明会を実施し、支持を拡大させたい考えだ。ホー氏は、株式持ち合いを批判し、Jパワー経営陣と法人株主の日本生命やみずほコーポレート銀行などに揺さぶりをかける戦略を取っており、攻防が激化している。

経営陣と持ち合い株主との特別な関係を批判

「持ち合い株主や取引先株主の存在が、株主による経営の監視を阻害している問題に脚光を充てるのも狙いだ」

   ホー氏は6月21日、東京証券取引所内の記者クラブで開いた会見で、Jパワー経営陣への批判とともに、株式持ち合いの問題点を指摘。TCIがJパワーよりも高い配当を提案したことについて、Jパワー株主の日本生命とみずほコーポ銀を名指しして、「Jパワーの低い配当案に賛成したら、説明責任が問われる」とけん制。同時に、今回の委任状争奪戦はJパワーとTCIだけの問題にとどまらないと強調。経営陣と持ち合い株主との特別な関係で、株主や、株式での運用益を得ている年金生活者ら数百万人の人々が犠牲になっていると訴えた。

   TCIが、委任状争奪戦に踏み切り、Jパワーの法人株主への批判を強めている背景には、Jパワーの筆頭株主としての影響力が行使できないいらだちがあるとみられる。「なぜ筆頭株主を尊敬しないのか」。ホー氏は会見などで、決まってこう口にする。

   TCIは、年間配当を最大120円に増やすことや、株式の持ち合いの制限などを株主提案。しかし、Jパワー側は年間70円への増配を決めたにとどまり、TCIの株主提案をすべて拒んだ。他方、Jパワー株式の買い増し計画は、政府が外国為替及び外国貿易法(外為法)に基づいて初の中止命令を発動したため、現在ではストップしている。

「政府と対立したファンドに同調するリスク大きい」

   TCIが委任状争奪戦でどれだけの賛同を得られるか。配当政策だけを見れば、Jパワーの年間70円に対し、120円か80円という二つの選択肢を提示しているTCIに勝算ありと、単純にいえるかは微妙だ。両者の提案について、ある法人株主は、「Jパワーの経営状態から120円は論外としても、70円と80円を比べたら少しでも高い配当を選ばないと、こちらも株主に合理的な説明を迫られる」と打ち明けるが、「政府と対立したファンドに同調するリスクは大きい」(別の法人株主)との声は少なくない。Jパワーも、「TCIのやり方は株主の賛同を得られない」として、TCIの株主提案否決に自信を見せている。

   TCIが委任状争奪戦にも敗れると、「TCIへの出資者から批判が強まり、ホー氏自身もアジア代表の地位が危ぶまれる」(大手証券)との見方もある。TCIの今後の戦略にも影響は避けられないとみられるだけに、激烈な委任状争奪戦になりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中