嫌われ者ブラックバス 実はヘルシー、メタボに効く!

印刷

   日本の湖沼の生態系を脅かす外来魚として、すっかり悪者のイメージが定着している「ブラックバス」。最近では、「意外とおいしい」とブラックバス料理の人気が高まっているほか、意外にヘルシーで、メタボ患者にもいいという結果も出ている。

「これまでに40種以上のブラックバス料理を考案してきた」

   と話すのは、琵琶湖のある滋賀県庁の食堂の井上三郎支配人だ。2007年7月からブラックバスを食堂のメニューに掲げている。スタート時は1カ月限定メニューだったが、予想以上に反響が大きかったので続けることになった。

「パスタ」や「カレー」にもブラックバス

   「ブロッコリーとにんにく醤油炒め」「醤油ペペロンチーノ」「ココナッツミルクカレー」「ムニエルトマトレモンソース」「和風ハンバーグ」「1口カツカレーライス」といった具合に、週替わりで毎月4~5のメニューが誕生する。

   08年6月からはブラックバスの天ぷらと野菜を炒めた新メニューを始める。臭みがある魚だと言われているが、「塩でもみ洗いをした後に、しっかりと味付けをするとおいしく食べられる」という。

   ここでは1日約20食、2キロ分のブラックバスが消費される。井上支配人によると、「スズキに似た味で意外とおいしい」と好評なようだ。

「琵琶湖のブラックバスを食べつくすまでやる」

   井上支配人は新メニューの開発に意気込んでいる。

高タンパクで低脂肪、メタボ患者にもいい

   滋賀県では新たな試みも始まっている。中日新聞08年5月22日号によると、滋賀医大医学部付属病院では入院患者の給食にブラックバス料理を出している。ほかの白身魚に比べて高タンパクで低脂肪、アミノ酸のタウリンが豊富で、病院関係者は「メタボリックシンドロームを気にする人にもお薦め」だと話しているようだ。ブラックバスはスズキの仲間なので、白身でどちらかといえば淡白な味。ヘルシーな材料として使われてもおかしくはない。

   ブラックバスの正式名称は「オオクチバス」で、体長は15~50センチ。北米南西部原産だ。日本でもフィッシングには人気だが、古くからいる生物を食べ、生態系を壊していると問題視されている。

   滋賀県水産課の担当者によると、07年度には541トンの外来魚(ブラックバス、ブルーギル)を捕獲したが、まだ1600トンが生息していると推測される。釣っても湖に戻す人が多いため、県では釣ったら食べる「キャッチ&イート」を呼びかけている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中