「サンゴ礁」世界の北限 長崎県壱岐島なのか

印刷

   日本近海に分布するサンゴ礁。その多くは温暖な沖縄付近で見られ、もっとも北にあるのは鹿児島県・種子島と言われていた。ところが近年、さらに北方の長崎県壱岐島で発見され、新たなサンゴ礁探しが注目を浴びている。

壱岐のサンゴ礁1400年前から生息

「国際サンゴ礁年」は新たなサンゴ礁探しに意気込んでいる
「国際サンゴ礁年」は新たなサンゴ礁探しに意気込んでいる

   「サンゴ礁」とはサンゴの成分の石灰質が積み重なり、海面近くまで高まってできる地形のことを指す。日本でもっとも北にあるのは、長崎県壱岐島から約20キロのところに位置するサンゴ礁だ。規模は約50メートル×50メートルとかなり大きい。国立環境研究所(茨城県つくば市)の主任研究員・山野博哉氏が地元の人から情報を得て本格的な調査を行った結果、サンゴ礁であると確認した。2001年のことだ。

   壱岐のサンゴ礁を形成するのは、茶褐色の「キクメイシ」。付近の海水は最低時で13度。このサンゴの特徴は、そんな低い水温でも育つことだ。山野氏は、「成長速度は遅いが、冷たい海水にも強い」と話している。もちろん、種子島や沖縄に分布するサンゴとは異なる種類だ。

   さらに調査の結果、壱岐のサンゴ礁は1400年前から生息していることがわかった。壱岐の西、湯ノ本湾のかなり奥まった場所にあるために目立たず、これまで見つからなかったようだ。

ダイバーらとサンゴマップを作成

   日本でもっとも最北端で確認されているサンゴは、太平洋側では千葉付近、日本海側では佐渡付近にあるが、どちらもサンゴ単体だ。そのため壱岐のサンゴ礁は、日本、また世界でも最北端に位置すると注目を集めている。

   世界中でサンゴ礁の普及・啓発活動が行われる「国際サンゴ礁年」の2008年、山野氏は全国のダイバーの力を借りて7月からサンゴ礁の分布地図「サンゴマップ」の作成を企画している。デジカメで写真を撮ってもらい、公式サイトから投稿を受け付ける。集めたデータをもとに、年内にマップを作成する。

   サンゴ礁の分布地図は、1990年に環境省が作成したものが最新だ。山野氏は、「新たなサンゴ礁が見つかるかもしれない」と今回の試みに期待している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中