「しょっきん」?? 上地&つるの「スター的な天然っぷり」

印刷

   お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんは5月生まれの後輩を集めて、誕生会を開いた。2008年5月28日のブログに書いている。

   集まったのは、5月生まれのつるの剛士さん、「ニブンノゴ」宮地謙典さん、「パンクブーブー」黒瀬純さんの3人だ。

「そして、もう一人、つるのの誕生日を祝いたい奴が登場。
天真爛漫、精神年齢小学校6年生、上地登場」

   上地雄輔さんは、つるのさんと共におバカユニット「羞恥心」のメンバーだ。

「しかし、こいつの天真爛漫さは度が過ぎるね。
つるのに誕生日プレゼント渡すなり、ドカッと座り。
『超腹減った。いただきます』と言って、鍋に入れる肉団子用の鳥のひき肉を箸で口に運ぶ」

   鍋に入れる前の生肉だったので、

「馬鹿、それ食べちゃダメ」

と言うと、上地さんは、

「普通ユッケだと思うでしょ」

   さらに、シメのラーメンでは、

   麺を入れた途端に上地さんが箸を伸ばすので、

品川「馬鹿、まだかたいって」
上地「イケますって」

食べかけの麺を鍋に戻そうとする

   案の定、上地さんが「かたーーい」と言うと、

それを見ていたつるのさんは、「鍋に戻しちゃいなよ」と言う。

「いやいや、食べかけ戻したら汚いでしょ」

と品川さんは指摘するが、つるのさんは

「大丈夫です。熱いですから、しょっきんです」
「ん?
しょっきんって何?
消毒と殺菌が混ざっちゃって
しょっきんになっちゃってるよ」

と、品川さんは2人の「スター的な天然っぷりに」驚くばかりだ。

「いやー結局、自分の誕生日会の時と同じぐらい、楽しんじゃったな」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中