ネット人口約1%のヘビーユーザー これが配信能力の50%を消費

印刷

   電気通信事業者4団体が、インターネットのヘビーユーザーに対する使用制限のガイドラインを公表した。いわゆるデータ量が増え通信速度が遅くなる「ネット渋滞」を緩和するためだが、ヘビーユーザーは利用者全体の約1%にもかかわらず、バックボーン帯域(配信能力)の約50%を消費しているのだという。

ファイル交換ソフトは数千倍のトラフィックを占有する

P2P利用者による「ネット渋滞」が話題(写真はイメージ)
P2P利用者による「ネット渋滞」が話題(写真はイメージ)

   ヘビーユーザーとは、ファイル交換ソフト「ウィニー」などを代表とする「P2P」(ピア・トゥー・ピア)利用者。日本インターネットプロバイダー協会など電気通信事業者4団体が2008年5月23日に発表した「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」によれば、インターネット利用者全体の約1%のユーザがファイル交換ソフトを利用していて、バックボーン帯域の約50%を消費。ファイル交換ソフトユーザー(24時間以内にP2Pトラフィックが1Mbyte以上あったユーザとして測定)の上位10%でトラフィック全体の60%以上を占有しているのだという。

   ファイル交換ソフトを使った場合、ユーザーが必要とするデータの約1万倍のデータが自動的にダウンロードされる。ダウンロードされたデータは再びネットに流れるため莫大なトラフィックを占有。さらに、ヘビーユーザーはファイル交換ソフトを高速で24時間中動かしているため、一般の利用者の数千倍のトラフィックを占有することになり、それが「ネット渋滞」を引き起こす元になっているのだ。

   こうしたヘビーユーザーに対してはかねてから「別途課金したほうがいいのではないか」「使用の制限をしたほうがいいのではないか」などの議論が起こっていた。ニフティーは06年4月からファイル交換ソフト使用者に対し通信速度制限を告知。「ファイル交換ソフトの速度が低下する場合がある」とホームページ上に記した。IIJは04年2月に「トラフィックが24時間あたり15GBを越えるお客様について、利用の一部制限もしくは停止することがあります」と告知していた。

「制限することもある」と正式にユーザーに伝える

   今回のガイドラインでは、突出したヘビーユーザーに対し正式に「制御(制限)を行うこともある」という意思を伝えた形だ。日本インターネットプロバイダー協会の木村孝会長補佐によれば、ISP(インターネット・サービス・プロバイダ)も毎年1.3~1.4倍と容量を増やしているものの、ファイル交換ソフトで使われる量はそれを上回るほど増加。一般ユーザーも「ユーチューブ」や「ニコニコ動画」など見る機会が増え「渋滞」が心配されているのだという。

「ファイル交換ソフトが悪いといっているのではなく、いつでも自由に使えるのが理想ですが、渋滞を避けるために、トラフィックが集中する午前零時前後のファイル交換ソフト使用を控えてもらえれば」

と話している。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中