千秋 「CHANEL」サンダル「買われちゃった悲しみ」

印刷

   タレントの千秋さんはフランスの高級ブランド「CHANEL」の欲しかったサンダルを買い逃したと、2008年6月2日に更新したブログに書いている。

「悩んで悩んで
買おう!
と決めたCHANELのサンダル
なんとなんと
目の前で
別の誰かに買われてゆきました」

   サンダルや靴はデザインが気に入っても、サイズが合わないと買えない。それだけに希少な出会いだ。ましてやインポートものとなると、再入荷することはほとんどない。

「もう二度と出会えないでしょう
悩んでないでさっさと買えばよかった」

   悔やんでも悔やみきれないようだ。

「なかなか即買い出来ないんだもん
数字さんが」

   CHANELのサンダルというと、ものによるが10万円を超えるだろう。

「今度からちまちま悩んだりなんかしないぞ
悩むくらいなら買ってから考えればいいんだ
後悔が何よりもキライなワタシはこうするしかない」

そう心に決めたようだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中