中田ヒデ心境に変化 「現役復帰説」の現実味

印刷

   元サッカー選手の中田英寿さん(31)に海外チームからの「オファー話」が浮上しているとスポーツ各紙が報じている。中田さんは自身が主催するエキシビジョンマッチに向けて本格的な練習を再開しており、「現役でもやれるのではないか?」といった復帰を待望する声が各方面で上がっているのも事実だ。中田さんの所属事務所はオファーについては確認できていないとしているが、最近では心境の変化もあるようで、「現役選手とかとたまにはサッカーをやってみたい」と語っている。

練習試合で現役さながらのプレーを披露

中田さんは「現役復帰」のオファーにどう答えるのか?
中田さんは「現役復帰」のオファーにどう答えるのか?

   日本サッカー協会の川淵三郎キャプテンが2008年6月1日、08年12月に日本で開催するクラブW杯のオセアニア代表、ワイタケレ(ニュージーランド)から、中田さんについて補強選手としてオファーが届いたことを明らかにした。共同通信やスポーツ各紙が報じた。元日本代表の岩本輝雄さんや横浜FCの三浦知良選手がオセアニア代表の補強選手として出場した例が過去にはある。

   中田さんは、2008年6月7日に日産スタジアムでエキシビジョンマッチ「+1フットボールマッチ」の開催を予定しており、自身も試合に出場するため、本格的な練習を行っている。5月14日には、Jリーグ・東京ヴェルディのサテライト選手と練習試合を行い、随所でキラーパスを見せるなど現役さながらのプレーを披露。東京ヴェルディのラモス瑠偉常務も「旅をしている場合じゃない」と「現役復帰」を熱望した。

   さらに中田さんについては、08年6月2日のサンケイスポーツが英プレミアリーグの古豪マンチェスター・シティがオファーの準備している、と報じている。どうやら、中田さんが本格的な練習を始めたため、「現役復帰も十分可能」との見方が広がっているようなのだ。

   ワイタケレのオファーについて、所属事務所のサニーサイドアップはJ-CASTニュースに対して「確認できていない」としたものの、実際にオファーが来た場合の中田さんの「現役復帰」については、「何ともいえない」としている。

「ラモスさんをはじめ周りから『現役でもやれるのではないか』という評価を頂くのは嬉しいことです。現役復帰は(中田さん)本人の意志によります。本人の意志は分からないですね」(サニーサイドアップ担当者)

旅をしていくなかで「心境の変化」

   ただ、最近では旅をしていくなかで「心境の変化」もあったようで、08年6月2日放送の日本テレビ系番組のインタビューでは、

「他の元選手とか現役選手とかとやっぱりたまには(サッカーを)やってみたいし、と思ったら、そういう風に思っている選手も結構いて、でも機会とか場所とかがない。だったらそれをつくろうかな、と」

と語り、「サッカーをやりたい気持ち」からエキシビジョンマッチを主催するに至ったと説明している。08年4月の会見では「30年間サッカーをやってきた自分、それから自分の人生は切り離せない」と語っていた中田さん。人生を共にするサッカーを「現役復帰」というかたちでプレーするのかどうか、微妙な段階にきている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中