NHKに放送倫理違反あった」従軍慰安婦番組でBRC発表

印刷

   NHKと民放でつくる第三者機関「放送と人権等権利に関する委員会(BRC)」は、2007年1月29日放送の従軍慰安婦問題をめぐる「ニュースウオッチ9」の報道で、対立する相手方の意見に一切触れることなく、自らの解釈だけを報じたことが、「公平・公正を欠き、放送倫理違反があった」とする見解を08年6月10日に発表した。

   放送内容と申立てに至る経緯は、01年にNHKが、教育テレビで放送した「戦争をどう裁くか」というシリーズの番組をめぐって、取材を受けた民間の団体「戦争と女性への暴力」日本ネットワークが「事前の説明と異なる不本意な番組を放送された」として訴えていた裁判で、NHKは07年1月29日の放送で、東京高等裁判所の判決について、「判決についてNHKは『不当な判決であり、直ちに上告した。判決は、番組編集の自由を極度に制約するもので、到底受け入れられない』としています」と被申立人自身の見解を紹介。「今日の判決の中で、東京高等裁判所は、この番組をめぐって、朝日新聞が政治家の圧力で改変されたと報道したことについて、『国会議員が具体的に番組に介入したとは認められない』と述べました」とのコメント。その後に、朝日新聞で被申立人に圧力をかけたと指摘された安倍晋三内閣総理大臣と中川昭一政務調査会長(いずれも本件放送当時)の、政治的圧力をかけた事実はなかったことがはっきりした旨のコメントを放送した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中