環境対策は「心・技・体」 小池元環境相がアピール

印刷
環境対策について持論を展開する小池百合子氏
環境対策について持論を展開する小池百合子氏

   超党派の国会議員でつくる「地球環境国際議員連盟(GLOBE)」日本支部が東京で世界各地の議員を集めて会合を開くことになり、同議連のメンバーでもある小池百合子元環境相らが2008年6月11日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。

   小池氏は

「気候変動の問題には、『心(心構え)・技(ハイブリッド車などの環境技術)・体(法整備)』で臨むことが重要だ」

との持論を展開。食糧をバイオ燃料に転用することについては、自分が触ったものが金になるが、食糧や水まで金になってしまい、結局は金を嫌悪する結果になったというギリシャ神話のミダス王の例を引きながら、

「ミダス王の能力は、金があったとしても、食糧を生み出すことはできないという意味では無意味。バイオエタノールも似たようなもので、食べられるものを燃料に転用するのは避けるべき」

と、否定的な見解を表明した。

 

   会議はG8洞爺湖サミットに先立って6月28日から29日にかけて行われ、世界中から集まった同議連メンバーと産業界の代表が気候変動問題について議論する。議論の成果は、サミットの会議にも反映させたい考えだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中