謎の新人演歌歌手「鼠先輩」 ブログで紅白狙いを「宣言」

印刷

   謎の新人演歌歌手、鼠先輩がデビュー前にも関わらず注目を集めている。CD発売前にも関わらず、デビュー曲「六本木~GIROPPON~」は、着うたサイト「歌謡・演歌チャート」で1位を獲得しているほどだ。

   鼠先輩は、ドン・キホーテで揃えたというスーツを着込み、パンチパーマがトレードマーク。持ち歌をムーディーに歌い上げて、ブームの兆しをみせるものの、岡山出身ということをのぞけば、詳しいことはわからない。

黒人演歌歌手のジェロさんと並ぶ人気

謎の新人演歌歌手「鼠先輩」に注目が集まる
謎の新人演歌歌手「鼠先輩」に注目が集まる

   「六本木~GIROPPON~」は、東京・六本木のクラブを中心に火がついた。六本木のホスト・ホステスらに熱狂的に支持され、ネオン街の"一気コール"の場面で使われることもしばしば。また、デビュー前だというのに、2008年4月から先行配信されている着うたダウンロードサイト「レコ直」でも、黒人演歌歌手のジェロさんと並ぶ人気だという。6月10日付の「歌謡・演歌チャート」では堂々の1位だ。

   人気の秘密はノリのよさだろう。特に、サビの部分を「♪ぽっぽぽぽぽぽぽーぽー」と歌う別バージョンがユニーク。動画投稿サイト「YouTube」にも、プロモーションビデオが複数本アップされており、一番アクセスの多いもので、11万回近く再生されている。「居酒屋編」「クラブ編」「キャバクラ編」が存在し、「キャバクラ編」では、演歌にも関わらず、両手を振り上げるパラパラ風の踊りがつく。

若槻千夏もブログで大絶賛

   また、タレントの若槻千夏さんも鼠先輩を大絶賛している。公式サイト「若槻千夏24」の08年6月3日付けのトピックス。「気になる人」と題した記事で、こんな風に紹介した。

「皆さん知っていますか?
鼠先輩を。
ねずみせんぱいです。
この方、演歌の方らしいのですが謎の新人らしいです。
ブログもかなりオモローです」

   若槻さんの場合、「気になり過ぎて、ブログにコメントしちゃった」とも綴っている。そんな鼠先輩は、6月10日の公式ブログ「みずかけ論」で「紅白歌合戦」出場を狙っていると意気込みをみせる。

「歌を歌わさせて頂いてるからには
今年の紅白歌合戦を狙っていきます!」

   だが、「紅組でも白組でもどちらでもいい」とか、「大晦日で無くても構いません」とおどけていた。鼠先輩のCDデビューは6月18日となっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中