割り箸から「エコ箸」に切り替え すかいらーく2500店舗で採用

印刷

   ファミリーレストランを運営する「すかいらーく」は、2008年7月までに全国約2500店舗で使い捨ての割り箸をやめ、樹脂製の箸「エコ箸」に切り替える。松屋フーズでも全店舗で切り替えがほぼ完了するなど、外食産業での「エコ箸」採用は広がりそうな気配だ。

   すかいらーくでは「ジョナサン」が06年中に切り替えたのを皮切りに、07年中に「すかいらーく」、08年5月までに「ガスト」で切り替えが完了した。「夢庵」は同年6月までに、「バーミヤン」でも同年7月までをめどに進めている。

お客からは「よくやってくれた」

「マイ箸」愛好家のための情報交換サイトも登場
「マイ箸」愛好家のための情報交換サイトも登場

   日本では年間250億膳の割り箸が使われているという。同社広報担当者によると、すかいらーくではその1%にあたる2億5000万膳を使用していた。新たに使用する箸はPBT(ポリブチレンテレフタレート)とPS樹脂(ポリスチレン)の2種類で、1店当たりの導入数は200~350膳の予定だ。これにより、年間のゴミの削減量は650トンに達するという。

   一方、08年1月から5月までに樹脂製の箸に切り替えたのは和食チェーン「松屋」を展開する松屋フーズだ。全国721店舗で切り替えがほぼ完了している。1日あたり35万人が来店する同店では、使い捨てられていた割り箸が年間558トンになっていた。

   広報担当者によると、全店舗での切り替えを「業界で先駆けて実施した」が、当初は客に抵抗感を与えるのではないかという不安もあった。しかし実際には、お客からは「よくやってくれた」という声が多く寄せられたそうだ。

   「松屋」では箸や食器を洗う際に、大きく3ステップを実施している。まず、従業員が手洗いし、次に食器洗い器で洗う。その後除菌をする。樹脂箸にしたことで、水道代や電気代が以前よりかさむのではないかというJ-CASTニュースの質問に対して、「さほど負担になっていない」という。ただ一方で、「従業員の仕事量が増えた」ことは否めないようだ。

マイ箸持参だと料金割引にする飲食店も出現

   最近では、エコに取り組む人の間で自分の箸「マイ箸」を持ち歩くのがブームだ。お気に入りの箸をケースに入れて持ち運ぶものだが、1膳あたり数百円~3000円のものが多いようだ。なかには1万円以上の高級なものもある。ネットではマイ箸の愛好家が情報交換をするサイト「マイ箸クラブ」もあり、1578人が会員になっている(08年6月11日現在)。

   また、マイ箸を持参すると割引にする飲食店も出現している。

   複合商業施設「カレッタ汐留」(東京都港区)では6月の環境月間中、マイ箸やマイカップを持参すると、4店舗で飲食代を割り引くキャンペーン「シオドメ エコトク」を実施している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中