野村の対応にブーイング 社内処分の資料配布せず

印刷

   野村証券の中国人元社員が関与したインサイダー取引事件で、野村証券は2008年6月6日、特別調査委員会の調査結果を発表するとともに、渡部賢一社長と古賀信行会長の報酬を3カ月、30%減額するなどの社内処分を行うと公表した。ただ、事件の舞台となった企業情報部の関係者は、厳重注意など軽微な処分にとどめた。しかも、関係者の社内処分に関する資料を配布せず、会見で質問されてからようやく公表するという対応だった。野村の態度に、証券業界や報道関係者からは「本当に反省しているのか」という疑問の声が出ている。

社内の情報管理に不備があったと指摘

   社外取締役や弁護士がメンバーになった特別調査委員会(委員長・柴田昌治日本ガイシ会長)の報告書は、社員の外出予定を示すホワイトボードに、顧客の企業名をそのまま記入していたり、簡単な打ち合わせは会議室を使わずに部内で行っていたなどの事例を挙げ、社内の情報管理に不備があったと指摘した。ただし、法人としての野村証券に法令違反はなかったと結論付けた。

   この報告書を受けて、渡部社長は会見で、「事件が起きてから、良くなかったと気が付いた」などと述べ、情報管理に至らなかった点があったことを認め、自身と古賀会長の処分を口頭で説明した。

   しかし、元社員が所属し、M&A(企業の合併・買収)などの情報を扱う企業情報部の関係者の社内処分は野村は公表せず、会見での質問に、渡部社長が「けん責、訓戒、厳重注意を行った」と答えただけ。調査委員会の報告書とその要旨は会見時に配布したが、社内処分を伝える文書は配布しなかった。

   報道関係者は会見後、野村に対して「社内処分を記した文書、リリースを配布すべきだ」と要請したが、野村広報部は「検討する」「社内処分を公表した前例はない」などと繰り返すのみで、文書の公表だけではなく、渡部社長と古賀会長以外で社内処分を受けた企業情報部の関係者の氏名公表も拒んだ。

「野村は反省していないと批判されても仕方がない」

   この野村の対応を知ったある大手証券会社関係者は、「社長が証券業界の信頼を損ねたと反省するならば、社内処分を公表するのは当然」と指摘。「質問されたから社内処分を答えたが、名前は隠すという行為は、『野村は反省していない』と批判されても仕方がない」と述べた。別の市場関係者は「社内処分を隠すような野村の態度には業界最大手は何しても許される、というおごりが感じられる」と手厳しい。

   結局、野村は6日深夜になって社内処分の詳細や、処分者の氏名をようやく公表したが、報道関係者らは「渡部社長が謝罪して、自ら減棒処分を科したのは、世間を騒がせたので仕方がないから謝罪したように見える」と野村の対応を強く批判した。社内処分に関して満足な広報もできない野村が信頼を回復するのには、まだ時間がかかりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中