ケータイ着信でポップコーン出来る? 「ユーチューブ」動画に160万アクセス

印刷

   動画共有サイトには多くのユニークな動画が投稿されるが、今度はポップコーンをめぐる動画が注目を集めている。机の上に置いたトウモロコシの横でケータイを鳴らすと粒が弾けてポップコーンができる、という内容なのだが、にわかには信じがたい光景に、ネット上では「電磁波?」「電子レンジ?」などと大量のコメントがつき、騒然としている。

ケータイ着信数秒後に粒が「ポン!」と弾ける

動画の「タネ明かし」に関心が集まっている
動画の「タネ明かし」に関心が集まっている

   話題となっている動画は、2008年5月末から6月上旬にかけて、相次いでアップロードされた。いずれも長さは1分未満で、4人程度の男女がテーブルを囲んでいるというもの。テーブルの中心にはトウモロコシの粒が何粒か置かれ、その周りに携帯電話3~4台を並べる。ケータイがいっせいに着信すると、数秒後に粒が「ポン!」という音とともに弾けてポップコーンができる、という内容だ。

   複数の異なるグループが動画を作成した模様で、英語版はもちろん、日本語版、フランス語版など、複数のバージョンが確認されている。「ケータイが鳴るとトウモロコシが弾ける」という突拍子もない内容に対する反響は大きく、いずれの動画も数十万単位、多いものでは160万回以上再生されている。「ユーチューブ」ではコメントが1000以上ついている動画もあり、「電磁波の仕業なのでは」などと指摘する声も多い。

   ポップコーンは皮が固い「ポップ種(爆裂種)」から作られる。鍋などで粒を熱すると、内部の水分が蒸発して水蒸気になる。水蒸気になると体積は大幅に増えるが、皮が固いため水蒸気の行き場がなくなり、その結果皮が弾ける、という仕組みだ。なお、普段ゆでたり焼いたりして食べる「スイート種(甘味種)」は、皮が柔らかいため、熱して水蒸気が膨張しても皮が割れて水分が外に逃げてしまうため、弾けることはない。

ネット上では「手品」のタネ明かし合戦始まる

   そう考えると、ケータイが着信して数秒後に破裂、という現象はにわかには信じがたいし、実際にJ-CASTニュース編集部でも実験してみたが、何の変化も確認できなかった。結局はこの動画は、「手品のようなもの」ということのようだ。

   ネット上ではすでにタネ明かしについての関心が高まっており、要約すると

「粒をあらかじめ熱して破裂寸前の状態にした上で撮影に臨み、ケータイで振動を加えて破裂させたのでは」
「実はテーブルの下にはバーナーが仕込んであって、下からあぶっているのでは」

といった予想合戦が繰り広げられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中