若槻千夏 チャップリン?の言葉に励まされる

印刷

   タレントの若槻千夏さんが2008年6月12日、公式サイト「若槻千夏24」のトピックスで、友人に励まされたことを紹介している。

   「あんまり調子が良くなかった、この頃。自分の思うように頭が覚えてくれません」ときりだした若槻さん。少し心配な記述ではあるが、地元の友人からの久しぶりの電話に励まされたようだ。

   突然電話をかけてきた友人の第一声は、「何かあったっしょ~?」。調子の上がらない若槻さんは「な、なぜわかる?!」と言い当てられ、うろたえた様子。だが、その理由はあまりに不可解だった。

「今さぁうちの犬がゲロ吐いた訳よ、だからチイに何かあったと思ってさぁ~」

「……なんだその理由は」とあきれる若槻さん。だが、その友人に教えてもらったという、こんな言葉が励みになった。

「誰だか忘れたけどチャップなんとかって人がさ “幸せが長く続かないように不幸も長く続かない”ってさ~♪」

チャップなんとかとは、たぶんチャップリンのことだろう、と若槻さんは言っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中