尖閣諸島漁船事故で噴出 中・台ネット上で日本猛批判

印刷

   台湾の遊漁船と日本の巡視船が尖閣諸島沖で衝突した事故を巡り、台湾や中国で日本に対する激しい批判がインターネット上で展開されている。

「何十年も台湾人は日本人に見くびられている」

台湾のネット上でも日本批判が展開されている
台湾のネット上でも日本批判が展開されている

   2008年6月10日に台湾の遊漁船と日本の巡視船が尖閣諸島沖で衝突、台湾の遊漁船が沈没したことが発端。第11管区海上保安本部は、巡視船の堤信行船長を業務上過失往来危険と業務上過失傷害の疑いで、台湾の遊漁船の何鴻義船長を業務上過失往来危険の疑いで書類送検した。これを不服とした台湾側は、台北駐日経済文化代表処の代表を召還(この代表は与党国民党の立法委員から「売国奴」と批判されたことを受け入れられないとして6月16日に辞意を表明)。さらに6月12日には、台湾総統府が日本政府に対し抗議を表明し、のちに日本政府に謝罪を要求した。

   これに加えて、6月16日早朝には、台湾の抗議船と巡視船が尖閣諸島魚釣島西南の領海内へ侵入。同日に町村信孝官房長官が「遺憾の意」を述べるなど、強硬な姿勢をとる台湾と日本の間で緊張した状態が続いている。

   尖閣諸島を巡っては中国と台湾が領有権を主張している。そのせいもあってか親日的と言われていた台湾でもネット上では日本批判が相次いでいる。これらの事件が報道されてからというもの、

「戦争したくないなら、台湾海峡を封鎖して、日本船が出入りすることを拒否するべきだ」
「日本は全世界を独占するつもりなのか」
「何十年も台湾人は日本人に見くびられている」

といったコメントがニュース記事のコメント欄に相次いで投稿された。

   08年6月16日には馬英九総統がこの問題について「平和的解決」を指示したと報道され、騒ぎが収まるかと思われたが、日本批判は未だに続いている。

「今度の事件で日本の本当の顔を認識しよう」

   中国でも尖閣諸島の漁船事故の問題は大きく報道されており、

「日本にいじめられないため、中国と台湾は早く統一しようぜ」
「台湾同胞を支持する。尖閣諸島は中国の領土なんだから、日本は出て行け」
「台湾の人は日本に対して友好的だったけど、今度の事件で日本の本当の顔を認識しよう」
「中国政府は今度の機会を利用して、台湾と仲良くしたいね」

といった具合に、台湾に対しては友好的な態度を表明しつつ、日本を痛烈に批判する書き込みがネット上で相次いでいる。尖閣諸島を巡る「緊迫」はしばらく続きそうな様相だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中