メディアの広告、オンラインで取引 クロスゲート

印刷

   セプテーニ・ホールディングスの子会社、セプテーニ・クロスゲート(東京都渋谷区)は、インターネット、新聞、ラジオ、雑誌、フリーマガジンなどメディアの広告取引をオンライン上でできるサービスを2008年秋から開始すると、同6月18日に発表した。

   成果報酬型課金、純広告、クリック保証、PPC(pay percall)といった様々な出稿形態、課金手段を取り扱い、広告主とメディアのニーズに対応する。利用者はオンライン上で直接取引できるため、広告代理店に支払う仲介料がかからないというメリットがある。ホームページ上では、事前登録を受け付けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中