「編集者は何様だ」今度は「マガジン」 声優批判の「編集後記」にネット騒然

印刷

   週刊漫画雑誌「ヤングマガジン」に書かれた、声優批判の文章がネット上で批判されている。同誌編集者が「編集後記」で書いたもので、「声優は演じたキャラについてTVでのうのうと語るなど調子に乗っていて、役をいただいている、という気持ちの声優に売れてほしい」という内容で、「この編集者は何様だ!?」という批判が出ている。

編集者の「上から目線」が気に入らない?

編集者が思いを綴った「黒ブタMidnight」
編集者が思いを綴った「黒ブタMidnight」

   問題の文章が書かれているのは「ヤングマガジン」の2008年6月30日号。巻末の「編集後記」(黒ブタMidnight)の欄である。そこには、

「昨今の声優の一部は調子に乗っている、と個人的に思う。演じたキャラの心根や背景についてTVなどで原作者さながらのうのうと語りすぎる。誰とは言わないが『お前が作ったキャラじゃないだろ』と思うくらいシレッと語る。なんつーか『役をいただいている』という気持ちを素で持っている人だけが売れてほしいなぁ」

と書かれている。

   これに対してネットでは反発。ブログや掲示板に批判のカキコミが大量に出た。「2ちゃんねる」でも複数のスレッドが立ち、

「別に語って良いんじゃないのか?声優も作品作りに参加しているんだし」
「作者が言うならわかるが、編集者が言うのはどうかと思うな」
「声優や漫画家を下請け扱いして『仕事を回してやってる』という 元請け根性が透けて見えるイヤな文章だ」

   などのカキコミが出ている。

   もちろん「これは正論」「勘違いしたアイドル声優ほど見苦しいものは無い」といった編集者を支持する意見もあるが、議論に発展せず批判が多くなっている理由は、編集者の「上から目線」が気に入らない、ということのようだ。

「週刊サンデー」と漫画家のトラブルが騒ぎ増幅

   今回のバッシングには「伏線がある」と見ている人も多い。J-CASTニュースが「週刊サンデーに漫画家続々苦言 小学館はどうなっているのか」(08年6月9日付け) で報じたように、漫画編集者に対する不信感がネット上に湧き上がっているからだ。この記事は、「少年サンデー」に「金色のガッシュ!!」を連載した雷句誠さんが、小学館をカラー原稿5枚を紛失したという理由で提訴。提訴まで至るには心情的な背景があり、雷句さんの陳述書には、

「あまりにも編集者、出版社と言う物が漫画家を馬鹿にし始めた」

   などと書かれている。

   この陳述書に賛同する漫画家が続々と現れ、

「小学館の仕事を辞めたいと告げると、それまでの出版物を絶版にすると言われた」

という証言も出た。こうした流れが、編集者の「上から目線」と映った「ヤンマガ」の「編集後記」にも飛び火。「2ちゃん」のカキコミにあるように、

「さすがサンデーと連携したマガジン こういう事も連携するのですねw」

という皮肉も飛び出している。

   J-CASTニュースは今回の事態について「ヤンマガ」編集部に取材したところ、

「事実関係を確認中でコメントはできません」

とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中